ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

路上ライブからスタートしたAAA ドーム公演直前の思い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2005年9月のデビューから11年。路上ライブからスタートして、ホールツアー、アリーナツアーと数々のライブを積み重ねてきたAAAが、11月12日・13日に大阪、15日・16日に東京で初のドームライブに挑む。

 メンバーの西島隆弘(30才)、宇野実彩子(30才)、浦田直也(33才)、日高光啓(29才)、與真司郎(27才)、末吉秀太(29才)、伊藤千晃(29才)の7人にドーム公演直前の率直な心境を聞いた。

浦田:「AAAらしい魅力といえば、メンバーが男女いるように見せかけて、実は7人とも男子っていうところ」

宇野&伊藤:「ちょっと!(笑い)」

全員:「あはは(笑い)」

末吉:「男女混合! そこでしょう」

西島:「男女ボーカルだけど、同じ方向性を見て歌うから恋愛ソングでもデュエットソングには聴こえない。それが“ありそうで、今までになかったグループ”の形の1つを作っている要素でAAAらしい魅力だと思います」

伊藤:「メンバーのキャラクターもかぶってないから、本当に7色なんです」

日高:「11年続けてこられたのは、ライブをずっとやってきたことも大きくて。ツアーのペースや本数を減らしていたら、どこかで止まったかもしれない」

伊藤:「ライブではバックダンサーを入れる案も出つつ、結局、メンバーだけでパフォーマンスをしてきたんです」

與:「アリーナでもバンドもいないし」

浦田:「バックダンサーもバンドも付けないで、アリーナでライブをやるアーティストってほかにいないはず! ドーム公演はまだ実感がなくて、いつか立てたらいいなとは思っていたけど、実現するとは思わなかったです」

伊藤:「私は10周年でドームができたらと思っていたから、10周年のタイミングでできなかったときに、正直、AAAはドームまでいけるアーティストにはなれないんじゃないかと思ったりもしたんです。だからドームが決まった時には、いろんな感情が混ざり合って、一言じゃ言えないくらい嬉しくて」

宇野:「実は10周年のライブをドームでという案もあったんですけど、その時には実現できなかったから。手が届いたという嬉しさがありました」

與:「おれはドームには野球観戦でしか行ったことがなくて(笑い)。実感はないけど、たくさんアリーナツアーをやってきた自信があるし、11年間、ちゃんと積み上げてきてからのドームだから。緊張感より楽しみが大きい!」

日高:「ぼく自身はドームまでたどり着けたという感覚はないんです。逆説的にいうと、ドームはめちゃくちゃ気合入ってます!というと、それ以外の会場では気合が入っていないことになっちゃうから(笑い)。場所に特別な意味は感じないんですよ」

西島:「うん。お客さんに楽しんでもらえるパフォーマンスをするというのがAAAのライブのベースなんです」

末吉:「ライブでのこだわりはお客さんとの距離感。そこはすごく大事にしていて、常に近くに感じてもらえるような演出を考えています」

宇野:「ドームでもAAAらしいパフォーマンスができるステージを考えているので、楽しみにしていてください!」

撮影■marron.

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
2014年嵐コンサートチケット 熱烈ファンは当選確率を計算
2日間で14万人動員の東方神起「愛を倍返し?いや100倍だ!」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。