ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1991年のカープ 7.5ゲーム差を跳ね返したチーム内の合言葉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今シーズン、プロ野球を大いに盛り上げた広島カープが、前回優勝したのが1991年。その年のカープは、7.5ゲーム差を跳ね返してリーグ優勝に輝いた。その年のチームについて、当時、広島で捕手を務めていた達川光男氏が語る。

 * * *
 25年前のカープは、今年のチームとよく似ていたと思う。今季、4番に左打ちの松山竜平と右打ちの新井貴浩を併用したように、25年前も右投手なら左の西田真二、左投手なら右のアレンと使い分けていた。前田智徳、正田耕三、野村謙二郎と1~3番に足のある好打者がいたのも同じ。

 ただ、大砲不在で点が取れず、佐々岡真司、川口和久、北別府学の先発3本柱とストッパーの大野豊がフル回転してなんとか踏ん張っている状態だったから、今季のような独走はできなかった。GW終盤に9連勝して首位に立ったものの、投打が噛み合わず6月にはBクラス落ち。マスコミには「今年も“鯉のぼりの季節”まで」と叩かれた。

 そんなカープの逆転優勝の原動力となったのが、「炎のストッパー・津田恒実」の存在だった。開幕当初、首脳陣は津田と大野とのダブルストッパー構想で、しっかり逃げ切るゲームを増やそうとしていた。ところが、開幕直後の4月14日の登板を最後に、津田が体調不良で戦線離脱。チームに暗い影を落とし、GW以降の失速で7月には中日に最大7.5ゲーム差をつけられてしまった。

 そんなチームが一つにまとまったのは、夏場のミーティングで、それまで伏せられていた津田の本当の病名(脳腫瘍)が明かされてからだった。

 山本浩二監督が「恒(つね)を優勝旅行のハワイへ連れて行くぞ」と呼びかけ、それからは「恒のために勝とう」が合い言葉となった。9月、中日相手にナゴヤ球場で3連勝して2か月半ぶりに首位に返り咲いた後は、そのまま逃げ切った。後半戦は35勝23敗。チーム一丸となっての優勝だった。

 この年のカープは、力の落ちて来たベテランと伸び盛りの若手が混在し、チームがまとまりづらい“世代交代期”でもあった。しかもチーム本塁打わずか88本という大砲不在。結局、優勝旅行に一緒に行くことはできなかったが、間違いなく津田が背中を押してくれた奇跡の優勝だった。

 カープはその5年後、逆に巨人に11.5ゲーム差をひっくり返される“メークドラマ”の屈辱も味わった。勝ちを積み重ねるのは時間がかかるが、転げ落ちるのは早い。改めて野球は筋書きのないドラマと実感させられた。

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
広島投手陣 「津田が乗り移ったような投球してた」とOB語る
巨人ファンの間で「オープン戦3位の呪い」ジンクス囁かれ中
手抜きするチームあるプロ野球交流戦 王者優遇制度作るべき

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP