ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木亮平の『西郷どん』は「笑いと愛と波乱が満ちている」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』の主演俳優が鈴木亮平(33才)に決定。NHKで行われた主演記者会見に鈴木と原作者の林真理子氏、脚本家の中園ミホ氏が登場した。

 今回の『西郷どん』は「せごどん」と読むが、NHKによると親しみを込めた呼び方なのだという。またNHKによると、今回の“西郷どん”のイメージは「その素顔は、脇は甘く、愚直でうかつ。けれど、彼に出会った者は皆、西郷が好きになり、愛嬌あふれる男の周りには、いつも“笑いと愛と波乱”が満ちています」とのこと。

 鈴木は、世間が考える「西郷像」とかけ離れたものにはしたくないとコメント。役柄に合わせて肉体改造をすることで知られる鈴木だが、巨躯のイメージがある「西郷どん」の姿になるか? ちなみに、鈴木の身長は186cmある。

撮影■矢口和也

【関連記事】
2018年の大河ドラマ 「西郷隆盛」に内定との情報
長澤まさみが大人への転換期 美脚だけでなく鎖骨も悩ましい
幕末志士を気取る日本の政治家と、それを称えるマスコミの愚

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。