ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーツさとう 前立腺がん「PSA検査」初体験記(最終回)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ライター・カーツさとう氏による前立腺がん「PSA(前立腺特異抗原)検査」初体験記も、第3回にしてついに最終回を迎える。さとう氏が、市の健康診断と同時に、胃がん、肺がん、大腸がんの検査に加え、今や男性罹患率No.1のがんに躍り出るといわれている前立腺がんの検査も受けてから3週間。ついにその結果の出る日がやってきた……。

 * * *
 検査結果の出るその日の朝。オレは本気でビクビクしていた。

 なにしろ一度に4つものがん検査をしたのである。“ヘタな鉄砲、数撃ちゃ当たる”という諺があるように、4つも受けりゃ1個くらいひっかかるんじゃないか? という、確率論的には破綻してそうだが、どこか一理ありそうな不安が脳裏から離れない。

「さとうさん、アナタ、がんです」
「ガ~ン!!」

 終戦直後のドサクサ時代からすでに言い古されていたに違いないビンテージギャグのような世界が今日、もしかすると己が身の上に現実として降りかかってくる可能性はゼロではないのだ。

 そんな精神状態のまま病院に着き、待合室で順番を待つこと30分。オレの名前が呼ばれる。

「あ、ハイ」

 自分を鼓舞するかのようにちょっと大きめでワンオクターブほど高い声で返事をし、しずしずと診察室に入る。イスに座り、オレの検査結果らしい書類を眺めてた先生がオレに気付いて顔をあげる。
      
「あ~さとうさんね…」
「あ、はい」

「まずぅ~、肺がんだけどね……」
「はい…」

 肺がんだけに“はい”と答えたワケではない。

「まぁなんの問題もないね」
「あ~、良かったですゥ~」

 正直ホッとするが、まずは第1ハードルを越えたばかりである。ハードルは3つ残っているのだ。

「で~、大腸がん。これも血便とかでてないから大丈夫です」

 まだ診察室に入って20秒も経っていないが、早くも第2ハードルをクリアする。がんなんていう大問題なんだから、もうちょっと勿体ぶってユックリと話してほしい気持ちもあるが、ここまではとんでもない早さで話は進行していた。

 しかし、このあまりにも早い展開が逆にオレには気になった。問題ない部分を早く進め、この後に登場する大問題に時間をたっぷりかけたい! そんな先生の時間配分があったりしての高速展開なのじゃないか? そんな邪推すらしたくなる。

「で、PSAですけど……」

 きました、きました、きましたよ~ッ。このPSAっていうのが前立腺がんの検査なのだ。これが今回の肝といってもいい部分なのだ! 

「腫瘍マーカーの値は……」

 本当は次の言葉まで一気に畳みこむように話されたんですが、勿体つけるように、一度ここでセリフを切りまして、演出的レトリックでドラムロールを入れさせていただきます。

♪ドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥル……♪

 さぁ、その値はァァァッ!?

「正常なんで問題なしッ、と」

 やりました~!! しかし待て。本来、市のがん検診は肺がん、大腸がん、胃がんの3つ。今回はそれに追加して前立腺がん検査を受けたワケだ。となると、普通だったら、その検査の発表は肺がん、大腸がん、胃がんの3つも先にして、最後に前立腺がんじゃないのか? それなのに、なぜ胃がんが後回し? もしや、もしやァああああああ!

「で、胃がんは内視鏡検査をしたワケですが……」

“ですが”ときましたか、ですが、と!!

「さとうさん……あなた、胃がんは全然心配ないんだけど酒飲むでしょ? あと説明するけどガンマGTPの値がそうとう高いよ、50過ぎたら酒も控えないと。だから胃がそうとう炎症おこしてるわ。見て、この胃カメラの映像、ね~鬱血してる、ね~これ。だいたどのくらいのペースでお酒飲んでるの?」

「あの……毎日…です」

「50過ぎてんだから休肝日とらないと~。高すぎるよガンマGTP。GTOとGPTは特に高くないから今すぐどうこうってことはなくて、酒を控えれば数値も徐々にうんぬんかんぬん……」

 前立腺がん検査の話は最後、オレの酒癖に起因する健康診断の結果にすべてを持っていかれた状態であった。もしがん検査に問題なければその日の夜はたっぷり酒を飲んでやろうというオレの計画もあえなく自粛ということにすらなった。

 しかし! がん検査の問題なしがオレに与える精神的安堵は計り知れない大きなものであった。特に前立腺がん、この検査で問題がなかったということは大きい。

 前立腺がんの権威・頴川晋医師の書かれた『前立腺がんは怖くない』によると、前立腺がんは一般的に進行の遅いがんだなのという。つまり一度問題がなければ、あとは毎年検査を受けていれば、たとえいつかPSA検査の数値に異常が見つかったとしても、その時点で治療を開始すれば、まさしく本当に“怖くないがん”なのである。

 おそらくこれから先、前立腺がん検査も肺がん、胃がん、大腸がんと同じように、どんな自治体でもその検査費用に補助がなされる日がくるだろう。しかし、その補助がつくのを待つよりも、今、今日にでも検査を受けることが、どれだけ大きな安心となるか。

 なにしろオレは今、とんでもない安心感に満ちているんですから。あ、酒はちゃんと控えるようにするってこと前提で……。

(了。全3回のご愛読ありがとうございました)

【関連記事】
カーツさとう 前立腺がん「PSA検査」初体験記(第1回)
カーツさとう 前立腺がん「PSA検査」初体験記(第2回)
男性のがん罹患者数 胃がん、肺がんを抜き1位は前立腺がんに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP