ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がん患者、母親の過剰な心配で家族関係こじれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本人の死因でもっとも多い「がん」。心配や不安が募るあまり、がん患者に対して心ない言葉をかける親もいる。埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科教授の大西秀樹さんは、「親といういちばん近い存在だからこそ」だと指摘する。

「実親にがんであることを、どこまで、どう伝えるのか、患者は悩みます。離れて暮らす親に心配をかけたくないから、病状が悪くても、何年も親に黙っているという患者も少なくありません。また、聞かされた親がショックのあまり、頻繁に電話をしてきて、毎回電話口で泣いたり、サプリや漢方薬を大量に送ってくるなど、困った行動に出ることもあります。がんであることは親に伝えたほうがいいですが、状況にもよります。私たちも一緒にタイミングを検討することもあります」(大西さん)

 実際、親の行動が患者のストレスになったというのは、4年前に乳がんを発症した田中恵美さん(仮名、47才)。彼女は「正直、母の存在が疎ましかった」と吐露する。

「10年前に肺がんで父を亡くしてから、母にとって『がん』はトラウマなんです。末期の肺がんだった父を、母は自宅介護しようとしました。だけど父は痛みや不安から暴言を吐くようになり、結局ホスピス病棟で亡くなったんです。母は“父を見捨ててしまった”という罪悪感でひどく落ち込んで、家にこもるようになってしまって…」(田中さん)

 6年前、姉に子供が生まれてからは、「孫のために」と少しずつ元気になってきた母。そんな時、娘ががんだと知ったらどうなってしまうのか…。そう逡巡したものの、親にとって子供から隠しごとをされるのはつらいことだと思い、最終的に伝えることにした。

「実家に行って、母と兄、姉が同席する中で乳がんだと伝えました。母はしばらくぽかーんとしていて、徐々に涙を流し始め、台所で号泣。見ているこちらがつらかったです」(田中さん)

 それからすぐに、母の「過剰な心配」が始まる。

「父の時のように、後悔したくないという気持ちがあまりにも強すぎて…たとえば、執刀医が有名な医師でないことを心配して、これまで何件手術した経験があるのか、勝手に病院に電話で問い合わせたり…」(田中さん)

 さらに、母はテレビの乳がん特集を欠かさず録画し、新聞の切り抜きや資料を集め、田中さんに送って来るようになった。

「治療がうまくいった“勝ち組”の例を出して、『あなたはこの治療をしてないけど大丈夫なの?』って。そんなこと言われたって、私だってわからない。母の言動は私の不安をあおるだけでした。しまいには、乳がんで亡くなったお母さんが、残された娘にみそ汁の作り方を教えていたという話をテレビで見て、私の娘にも料理を覚えさせたらいいんじゃないの、なんて言うようになって…。

 母が一生懸命なのがわかるから、怒ったり、無視したりすることもできない。だけどやっぱり母の言動に傷ついたりイライラしたりしてしまうので、治療中は母と疎遠になりました」(田中さん)

 またパートナーががんになってしまったことで、親との関係がこじれる人もいる。2年前、婚約中の彼が胃がんにかかり、彼が職場復帰した今も両親から結婚を反対されているのは高田理子さん(仮名、33才)だ。

「親は私が30才を過ぎた頃から『早く結婚しなさい』と言っていたんですが、彼との結婚だけは許してくれません。『先が見えないとわかっていながら結婚するなんて、親として絶対許せない』『その年で未亡人になったらどうするの?』って、怒ったり泣いたりしながら、訴えられます。それを直接彼に言ったりもするんです。いちばんつらいのは彼だから、私は親を遠ざけることしかできない。

 父も母も私を大事に育ててくれて、大好きだから、私だってつらい。もうずっと私のことが心配で、夜も眠れないと言っています。私も彼も、そんな親をふり切ってまで結婚はしたくありません。年齢的にも子供を産むならそろそろちゃんと籍を入れたいんですけどね…。納得してもらえる日が来るのか…」(高田さん)

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
「頑張り」が却って集団の足を引っ張ることもあると説く本
女性ががんにかかりやすい部位 1位乳房、2位は大腸、3位は肺
がん難民コーディネーターと在宅医療従事医師による対談集

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP