ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大自然が織りなす楽園!タンザニアの基本情報とおすすめ絶景スポット7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit:Yukiko Aono「世界で最も綺麗な海☆アフリカの楽園ザンジバル島☆」

こんにちは。Compathy Magazineのマナミです。
皆さんはタンザニアという国にうぃご存知ですか? 「タンザニアって名前は聞いたことあるような、ないような……」という方も多いのではないでしょうか?
今回は、タンザニアの基本情報や、絶景が広がる景勝地などのおすすめ観光スポットについて紹介していきます。タンザニアについての疑問は、この記事を読んで解決してください!

タンザニアってどんなところ?

Photo credit:Takanori Nakagome「タンザニア世界遺産のサファリ!「ンゴロンゴロ保全地域」と「セレンゲティ国立公園」に行ってきました。」

中央アフリカの共和国・タンザニアの基本情報

タンザニア連合共和国(以下:タンザニア)は、アフリカ大陸の中央東部に位置するイギリス連邦の加盟国。日本のおよそ2.5倍の国土面積を誇り、ケニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、ザンビア、マラウイ、モザンビーク、コンゴ民主共和国など、多くのアフリカ諸国と国境を接しています。
もともとタンザニアはタンガニーカとザンジバルという2つの国でしたが、両国は同じ精神の元連合し、かつてこの地域で栄えたアザニア文化の名称を引用してタンザニア連合共和国となりました。

日本からタンザニアのジュリウス・ニエレレ国際空港への直行便はないため、中東やヨーロッパを経由して入国するのが一般的。日本からタンザニアまでのおおよその所要時間は約22時間です。

タンザニア連合共和国
首都:ドドマ
最大の都市:ダルエスサラーム
人口:約5200万人
言語・文字:国語はスワヒリ語、公用語は英語
通貨:タンザニア・シリング(TZS)
宗教:イスラム教(約40%)、キリスト教(約40%)、土着宗教(約20%)
日本との時差:-6時間
ビザの有無:必要。ビザは駐日タンザニア大使館または在大阪タンザニア名誉領事館で取得可能。旅行者など短期滞在者であれば、空港および国境でも直接申請・取得することもできる。

 

タンザニアの国旗の意味


パブリック・ドメイン, Link

タンザニアの国旗は、緑、金色、黒、青の4色構成。黒は国民であるアフリカ人、緑は大地、青は海、金色は金やタンザナイトと呼ばれる宝石などの鉱物資源を表しています。タンザニアの国旗は、まさに国の特色を集結させたものと言えますね。
 

タンザニア(ドドマ)の天気・気候・気温

今日

11/12

High 33°
/
Low 19°

明日

11/13

High 33°
/
Low 19°

月曜

11/14

High 31°
/
Low 19°

火曜

11/15

High 31°
/
Low 18°

水曜

11/16

High 32°
/
Low 18°

木曜

11/17

High 32°
/
Low 19°

金曜

11/18

High 33°
/
Low 19°

タンザニアの地図マップ

タンザニアの治安・物価情報

タンザニアでは近年、強盗などの犯罪が増加しているという報告があります。特に都市部や観光スポットでは、観光客を狙ったひったくり、スリ、詐欺、車両強盗などの路上犯罪が多く発生しているので、多額の現金や貴重品を持ち歩かないなど対策を行う用にしましょう。銀行やホテルを出る際は、特に狙われやすいので注意してください。

タンザニアの通貨はタンザニア・シリングで、1タンザニア・シリング=0.05円程度です。物価は日本に比べて安く、コーラ350mlで35円程度、ビールが80円ほど、ミネラルウォーターが30円ほどで販売されています。観光客向けのアクティビティなどは値段も高いですが、日本の生活に慣れている方には問題無い金額と言えるでしょう。
 

緊急連絡先と在タンザニア日本大使館

緊急連絡先
警察:111
消防・救急:112

 

アガ・カーン病院(Aga Khan Hospital)
住所:Ocean Road, Dar es Salaam 2289, TANZANIA
営業時間:緊急時は24時間対応
電話番号:0222115151
アクセス:ダルエスサラーム アガ・カーンバス停(Aga Khan Bus Stop)からUfukoni通りへ歩いて3分
公式サイト:アガ・カーン病院

 

在タンザニア日本国大使館
住所:Plot No. 1018、Ali Hassan Mwinyi Rd Dar es Salaam, TANZANIA
窓口営業時間:【月~金】7:30~12:30、13:30~16:30
電話番号:0222115827
アクセス:ダルエスサラーム アガ・カーンバス停(Aga Khan Bus Stop)から南へ歩いて2分
公式サイト:在タンザニア日本国大使館

 

ツアー旅行の定番!タンザニアのおすすめ観光名所7選

1.ナトロン湖(炎の湖)

Photo credit:Nick Butcher via flickr cc

ナトロン湖」は、アフリカ北部のセレンゲティ国立公園内に位置する湖。別名”炎の湖”とも呼ばれ、赤い色素を持つ微生物が多く発生することによって真っ赤に変色した水の色が印象的です。
周辺に生息するフラミンゴは湖の水を摂取しており、鮮やかなピンク色の体毛を付けた珍しいフランミンゴを見ることができます。世界中でも非常に珍しい湖なので、ぜひ一度訪れてみてください。

ナトロン湖(Lake Natron)
アクセス:Mto wa Mbu(マンヤラ湖)から車でおよそ3時間

 

2. キリマンジャロ国立公園

Photo credit:Marc van der Chijs via flickr cc

キリマンジャロ国立公園」は、世界遺産にも指定されている、アフリカ最高峰キリマンジャロがそびえたつ公園。”輝く山”を意味する標高5,895mのキリマンジャロは、山頂には氷河と万年雪が広がり、アフリカでも屈指の絶景として知られています。
またキリマンジャロは、コーヒーやバナナの畑が広がる麓から、1,500m付近の熱帯雨林、3,000m付近は草原地帯と、標高が変わるに連れ異なる景色が広がるミステリアスな山です。登頂には豊富な経験や知識が必要なので、登山を希望する方は現地ガイドの申請など入念に準備するようにしたいですね。

キリマンジャロ国立公園(Mount Kilimanjaro National Park)
電話番号:0272503471
アクセス:ダルエスサラームからバスで7~8時間

 

3. ンゴロンゴロ保全地域

Photo credit:ProfessorX (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

ンゴロンゴロ保全地域」は、タンザニアの北部に位置する世界自然遺産。マニアラ湖国立公園とセレンゲティ国立公園の途中に位置し、タンザニアの豊かな自然がありのままの姿で残っている地域です。
ンゴロンゴロ保全地域の見どころは、深さ600mもある世界2位の火山口。南北16km、東西19kmにも渡るこのクレーターは、森林をはじめ、湖、川など、動物達に恵みを与えています。クレーター内にはドライブコースも設置されているので、ぜひ雄大な景色を楽しむサファリドライブに挑戦してみましょう。

ンゴロンゴロ保全地域(Ngorongoro Conservation Area)
電話番号:0763585154
営業時間:6:00~18:00
アクセス:キリマンジャロ空港からタクシー、シャトルバスで3時間ほど
公式サイト:ンゴロンゴロ保全地域

 

4. セレンゲティ国立公園

Photo credit:Takanori Nakagome「タンザニア世界遺産のサファリ!「ンゴロンゴロ保全地域」と「セレンゲティ国立公園」に行ってきました。」

「ンゴロンゴロ保全地域」から西へ行ったところにあるのが「セレンゲティ国立公園」です。園内には300万頭の哺乳類が生息していると言われており、なかでも雨季と乾季の転換期に起こる150万頭のヌーの大移動は圧巻の迫力です。
この地域に住むマサイ族の言葉で”果てしない平原”を意味するセレンゲティは、南部は草原が占めるサバンナ、北部は丘陵と疎林帯があるなど、まさに実写版ランオンキング!? ぜひ実際に足を運んで、壮大な自然の魅力を体感してみましょう。

セレンゲティ国立公園(Serengeti National Park)
電話番号:0272503471
公式サイト:セレンゲティ国立公園

 

5. ザンジバル島

Photo credit:Yukiko Aono「世界で最も綺麗な海☆アフリカの楽園ザンジバル島☆」

ザンジバル島」は、タンザニア最大の都市・ダルエスサラームの東側に位置するいくつかの島で構成される地域。青い海と青い空、白いサンゴ礁があり、アフリカでも有数のリゾート地のとして知られています。
古代シュメール人をはじめ、ペルシャ、ポルトガル、アラブ、オランダ、イギリスなど、さまざまな国の支配を受けた歴史があり、アラブ・スワヒリ・ヨーロッパ文化の影響を受けた遺跡が並んでいます。またザンジバル島はシナモン、ナツメグ、胡椒をはじめとした香辛料の産地としても有名なので、訪れる際はお土産として持ち帰るのも良いでしょう。

6. ストーンタウン

Photo credit:Daichi「タンザニア(ザンジバル)」

世界遺産にも登録されているザンジバルの観光スポットといえばこの「ストーンタウン」。ザンジバル島を構成する島の1つである「ウングジャ島」に位置しており、ザンジバル文化の中心地として多くの観光客が訪れます。
多様なデザインが並ぶストーンタウンは、200年前からほとんど変わらずにその姿が残っているのだとか。複雑な歴史から生まれたこの旧市街は、サンゴ礁石灰岩で作られたモスクをはじめ、独特の景観を楽しむことができます。

7. ヴィクトリア湖

Photo credit:Riku Shiraishi「Essumba Kenya 2015」

「ヴィクトリア湖」は、ケニア、ウガンダ、タンザニアの3国にまたがるアフリカ最大にして、世界第2位の淡水湖。琵琶湖の約100倍の広さを誇る湖には、ウケレウェ島をはじめとする約3000の島々があります。
湖の周辺には約400種類の固有種が生息し、その生態系の豊かさから”ダーウィンの箱庭”とも呼ばれているそう。タンザニアの自然を味わうなら、ぜひ立ち寄りたいスポットの1つと言えますね。

タンザニア旅行で体験すべきこと

コーヒー豆の名産地!タンザニア料理を満喫しよう

Photo credit:Laurence Arnold via flickr cc

タンザニアのことはよく知らなくても、キリマンジャロコーヒーという言葉にピンと来た方は多いのではないでしょうか? アフリカ最高峰の麓で栽培された豆を使用したキリマンジャロコーヒーは、柑橘系のフルーツのような甘みと、すっきりとした飲み心地が特徴で、世界でも人気のコーヒーブランドとして知られています。
コーヒー豆はパッケージングされた商品もあるので、本場のキリマンジャロコーヒーをお土産として持ち帰るのも良いですね。

コーヒーの特産地でもあるタンザニアですが、地元の人はどのような食事をとっているのでしょうか。
主食はウガリと呼ばれるとうもろこしや雑穀から作られたお餅のような食物です。しかし海岸沿いに住む人たちは、ウガリに加え米を好んで食べる傾向があると言われています。タンザニアでは、ムチチャとよばれる野菜炒めや、野菜のシチュー、ココナッツミルクとスパイスを使ったシーフード・カレーなどの料理があり、ウガリやお米と一緒に食べる方法が人気です。
 

タンザニアの民族衣装カンガとは?

By Kateregga1 (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

カンガというのは、東アフリカの民族が用いている大きな布のこと。ザンジバル島周辺の女性たちが、ハンカチ用の布を使ってファッション性の高い大きな布を作ったことが始まりと言われています。布の模様がホロホロチョウ、スワヒリ語でカンガの羽模様に似ていたことからその名がつけられました。
タンザニアに住む多くの女性たちは、ワンピースなどを着た上に、エプロンスカートのように巻いたり、ベールやショールのように羽織ったりして使用しています。市街地にはカンガを販売しているお店もあるので、ぜひチェックしてみてください。

予防接種が必要?タンザニアで気をつけるべき伝染病

タンザニアでは、マラリアをはじめ、結核、AIDSなどの感染症の発生が報告されています。特にマラリアは蚊を媒体に伝染するので、長袖シャツ、長ズボンの着用などの基本的対策を行うようにしましょう。長期滞在を予定している場合は、日本出国前に予防接種を受けることをおすすめします。

最大の都市であるダルエスサラーム市内では、外資系の医療機関を中心に、専門的な治療を受けることができる施設が整備されつつあります。体調不良を感じたら、速やかに大都市の病院を受診するようにしましょう。

おわりに

中央アフリカ東部に位置するタンザニアは、豊かな自然が織りなす絶景やザンジバル島などの歴史を感じるスポットまで、さまざまな観光名所あります。ほかにもキリマンジャロコーヒーや民族衣装のカンガなど、タンザニアならではのアイテムをお土産に持ち帰るのも良いですね。
今回の記事を読んでタンザニアに興味を持った方は、ぜひあなたのバケットリスト(死ぬまでにやってみたいこと)に加えてみてはいかがでしょうか?

ライター:マナミ
Photo by:Yukiko Aono「世界で最も綺麗な海☆アフリカの楽園ザンジバル島☆」

Compathyでタンザニアの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、タンザニアを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

タンザニアの関連旅行記ブログ

*Tomoya Sato「タンザニア」

*Takanori Nakagome「タンザニア世界遺産のサファリ!「ンゴロンゴロ保全地域」と「セレンゲティ国立公園」に行ってきました。」

*Kishigami Tetsuya「街が世界遺産】ザンジバル島のストーン・タウン」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP