ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

子供から大人まで、みんなで楽しめる静岡の動物園、水族館に行ってみよう!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
子供から大人まで、みんなで楽しめる静岡の動物園、水族館に行ってみよう! 静岡

数多くの動物たちが四季折々に野性の姿を見せてくれる富士サファリパークがある静岡県の動物園、水族館合わせて8スポットをご紹介!水族館では、駿河湾の魚をはじめ、珍しい魚たちに合える伊豆・三津シーパラダイスも人気◎

それぞれに特徴のある施設にお出かけして、自分たちにあった動物園、水族館を見つけてみよう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

静岡市立日本平動物園

静岡市立日本平動物園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_22201cc3310040555/photo/

有度山の麓の自然を生かして約180種700点(匹、頭、羽)の動物を飼育しています。シロサイ、ホッキョクグマなどの大型動物のほか、オオアリクイ、アムールヤマネコなど珍しい動物もいます。また、小動物とふれあうことのできる子ども動物園、素晴らしい眺望とふわふわドームで楽しめる展望広場もあります。

\口コミ ピックアップ/

いろいろな動物に会うことができました。大人になってからはほとんど来たことがなかったけど、久しぶりに行って癒されました。

(行った時期:2015年6月10日)

入口入って最初にレッサーパンダくんたちが迎えてくれます♪可愛すぎてここに1時間以上滞在してしまいました( ´∀`)風太くんの親戚にあたるそうで顔がすごーく可愛いです♪

食べるものもあり1日楽しめます

お弁当持参が楽しそう

(行った時期:2015年3月) 静岡市立日本平動物園

住所/静岡県静岡市駿河区池田1767-6

「静岡市立日本平動物園」の詳細はこちら

富士サファリパーク

富士サファリパーク

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_22220cc3310040087/photo/

自然動物公園。猛獣動物・草食動物など80種約1,000点の動物たちが四季折々に野性の姿を見せてくれる。

\口コミ ピックアップ/

車の中からいろいろな動物を見ることができ、迫力満点です。車の前を動物が通ったりすることもあり、近くで動物を見ることができます。エサをあげることができる専用のバスもあり、さらに興奮すること間違いないと思います。晴れていれば富士山も見ることができます。

(行った時期:2009年4月)

サファリバスに乗ったのですが、ガイドもおもしろく目の前でいろいろ体験できてほんとにおもしろかったです。CM通りの体験させて頂きました。 ぜひまた行きたいと思いました。

(行った時期:2009年6月28日) 富士サファリパーク

住所/静岡県裾野市須山2255-27

「富士サファリパーク」の詳細はこちら

富士花鳥園

富士花鳥園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_22207cc3310040085/photo/

世界のベゴニアやフクシアが1年中ハウスの中で楽しめる、花いっぱいの別天地!世界のフクロウ・ミミズク40種200羽がおり、お客様の手や肩にのりおやつをおねだり。

\口コミ ピックアップ/

フクロウやペンギンなど数多くの鳥がいて飽きない。フクロウのショー後にフクロウを腕に乗せて一緒に写真が撮れる。

(行った時期:2015年9月)

大小様々なフクロウが飼育されており、どこを見てもフクロウだらけ。1日3回フクロウショーも開催されていて、その後にはフクロウを手に乗せて写真撮影もできます。頭スレスレを飛ぶフクロウの姿は迫力ありますよ!

(行った時期:2016年5月) 富士花鳥園

住所/静岡県富士宮市根原480-1

「富士花鳥園」の詳細はこちら

浜松市動物園

浜松市動物園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_22202cc3310040196/photo/

「無棚開放型」動物園。120種を越える動物を見ることができる。なかでも日本ではここしかないゴールデンライオンタマリンは必見。

\口コミ ピックアップ/

思っていたよりも、ゆっくり動物をみることができました。土日祝日は、ふれ合い体験もできるので、子供にとって良い経験になりました。

(行った時期:2015年5月)

私の一番のお気に入りはペンギンです。元気に泳ぎ回る姿や、チョコチョコと歩く姿は何度も見ても可愛いです。ペンギンの近くにはふれあい広場があるので癒されますよ。

(行った時期:2016年9月) 浜松市動物園

住所/静岡県浜松市西区舘山寺町199

「浜松市動物園」の詳細はこちら

伊豆・三津シーパラダイス

伊豆・三津シーパラダイス

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_22203cc3320040599/photo/

駿河湾の魚をはじめとして、珍しい魚たちにあえます。シーパラダイスの人気は何といってもショーです。「イルカの海ショーステージ」ではバンドウイルカの豪快なジャンプを、 「ショースタジアム」ではアシカ・トド・カマイルカがユーモラスでスピーディーなショーを披露しています。 すばらしい海の仲間たちと一緒に楽しい一日をお過ごしください。

\口コミ ピックアップ/

10月3連休に静岡へ旅行の際

立ち寄りました。

連休と言う事もあり 超満員でした。

イルカショーなど イベント盛りだくさんで

子供が喜んでいました。

(行った時期:2016年10月9日)

イルカなどの動物が近くで見られたのがとても良かったです。ショーも迫力がありました。期間限定で夜も開館しているようでした。

(行った時期:2016年7月) 伊豆・三津シーパラダイス

住所/静岡県沼津市内浦長浜3-1

「伊豆・三津シーパラダイス」の詳細はこちら

あわしまマリンパーク

あわしまマリンパーク

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_22203ae3322062620/photo/

淡島全体を使ったレジャーパーク。水族館・カエル館・散策路など、家族で楽しめる施設が揃っています。

\口コミ ピックアップ/

3世代でいきました。カエル館も珍しく大変良かったです。アシカやあざらしのショーも楽しめました。孫はまた行きたいと行ってます。スタッフの皆さんも親しみがあり親切でした。

(行った時期:2016年9月)

フェリーですぐいけるあわしまにある水族館です。小さい水族館ですがイルカショーなどもあり十分楽しむことができました。ちょっとしたお出かけにおすすめです。

(行った時期:2016年9月) あわしまマリンパーク

住所/静岡県沼津市内浦重寺186

「あわしまマリンパーク」の詳細はこちら

沼津港深海水族館

沼津港深海水族館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179641/photo/

ワシントン条約で保護された生きた化石とも言われるシーラカンスを5体展示している世界でも希少な水族館です。また、最深2500mと日本一深い湾である駿河湾に住んでいる生物を始め、世界中からユニークな深海生物を集めて紹介しています。光の届かない深海にはどんな生物がいるのか、実はほとんどわかっていません。きっと想像もつかないような生物が泳いでいるのだと思います。

沼津港深海水族館では、そんな深海の魅力にワクワクしていただけるよう、工夫して展示しています。「こんな生物がいたんだ!」という発見をお楽しみください。

\口コミ ピックアップ/

深海魚好きにはたまらない!メンダコなど居るか居ないかわからないものも含めて運が関わってきますが、本当に普段とは違う水族館を楽しめるので、是非!で、観てから周りでご飯するとお得ですよ!

(行った時期:2016年10月10日)

あんまり他では見られない深海の生き物がみれました。どんなにして深海の様子をつくるんやろうな?と思って見てました。

ダイオウグソクムシのぬいぐるみを思わず買ってしまいました。

(行った時期:2016年10月) 沼津港深海水族館

住所/静岡県沼津市千本港町83番地

「沼津港深海水族館」の詳細はこちら

体感型動物園 『iZoo』

体感型動物園 『iZoo』

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179758/photo/

日本最大の爬虫類・両生類の動物園。 屋外飼育の観察、餌やり体験、ゾウガメや爬虫類との記念撮影、マナティーとのふれあいなどができる体感型動物園です。 小さなお子様から大人の方まで普段触れ合う機会のない爬虫類・両生類たちに思う存分触れ合ってください。

\口コミ ピックアップ/

日本初の体感型動物園を歌っているだけあって爬虫類を中心に色々な動物とのふれあいを楽しめ舞ます。亀にも乗れます。

(行った時期:2016年10月)

こういった施設には初めて行きましたが、正直何から何まで新鮮な感じに思いました。こういった施設がもっと全国にあれば良いと思います。

(行った時期:2015年6月) 体感型動物園 『iZoo』

住所/静岡県賀茂郡河津町浜406-2

「体感型動物園 『iZoo』」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。