体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドキュメンタリー映画『Why I’m Not on Facebook』の監督の次回作となる映画『Why I’m Not on Pokemon Go』、公開が決定

why-im-not-on-pokemon-go
ドキュメンタリー映画『Why I’m Not on Facebook(原題)』の監督兼主演を務めたインヴェロップ・エンターテイメントCEOのブラント・ピンヴィディックが、新たなドキュメンタリー映画『Why I’m Not on Pokemon Go(原題)』を11月30日にデジタル・プラットフォーム上で公開することになった。

このショート・ドキュメンタリー映画は、ジョシュ・クライン、ガレット・グレコがプロデュースを手掛け、今年、史上最多ダウンロードされた大人気アプリ『ポケモンGO』に焦点を当てたものだ。同作は、インヴェロップ・エンターテイメントとSTXエンターテイメントが、2017年に向けて開発中のドキュメンタリー・シリーズのタイトル『Why I’m Not On…』を拡張したものだ。

ピンヴィディックは、一世を風靡した新たな現象『ポケモンGO』を理解すべく、再びドキュメンタリー製作に取り掛かった。作品の中でピンヴィディックは ─ 全ては彼の13歳の娘との良い関係を築くために ─ 世界中を旅し、家族や筋金入りのポケモン・トレーナー、ひいては有名人までに大いなる疑問を投げかける。

今年の初め、ピンヴィディックは、STXエンターテイメントと全面的な製作契約を結び、インヴェロップ・エンターテイメントを設立した。彼は以前、スリー・ボール・エンターテインメントの社長兼CEOを務め、テレビシリーズ『Bar Rescue(原題)』やテレビ番組『Extreme Weight Loss(原題)』などのエグゼクティブ・プロデュースを手掛けた。

ピンヴィディックは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)と代理人契約を結んでいる。

『Why I’m Not on Pokemon Go(原題)』の独占トレーラーは以下。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。