ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【彼と行きたいスポット】冬期「摩周湖星紀行」で絶景の星空を満喫!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年10月1日~2017年5月10日の間、冬期期間の「摩周湖星紀行」が開催されます。

一年で一番空気が澄み切る北海道の冬の空。極上の星空を観測できる大チャンスですよ!

日本有数の星観測スポット

冬期「摩周湖星紀行」で絶景の星空を満喫!
(C) ツーリズムてしかが

東北海道(北海道川上郡弟子屈町)にある摩周湖。周辺には街頭がほとんどなく、1000m級の山々も距離が離れており視界を遮るものがありません。そのため、特に空気が澄む冬期の摩周湖は日本有数の星観測スポットとして知られています。しっかり防寒具を着込んで、忘れることのできない絶景の星空に出会いたいですね。

360度のパノラマ星空

冬期「摩周湖星紀行」で絶景の星空を満喫!
(C) ツーリズムてしかが

摩周湖を見下ろすことのできる摩周湖第1展望台と第3展望台では、ほぼ360度のパノラマ星空を観測することができます。天気がいい日には、自分の目線の高さで星空を堪能することができてしまうんです。さらに運がいい場合は、世界有数の透明度を誇る湖面に月や星空が映ったり、足元に雲海が広がったりすることもあるそうです。想像を遥かに超えるロマンティックな景色に包み込まれてしまうかも・・・ゴクリ・・・。

アクセス抜群

冬期「摩周湖星紀行」で絶景の星空を満喫!
(C) ツーリズムてしかが

弟子屈町(JR摩周駅)から摩周湖第1展望台までは車で10分ほど、第3展望台までは20分弱と、星空観測ポイントであるにも関わらずアクセスが大変良好です。

また、2016年10月1日~2017年5月10日の間は、ツーリズムてしかがの『摩周湖星紀行』というツアーに参加し、星空ガイドに先導してもらいながら観測を満喫することもできますよ!

北海道の冬はとてもとても寒いですから、くれぐれも油断せず、暖か過ぎるくらいの恰好で観測してくださいね!

■あわせて読みたい
【ランキング】秋冬の星空はどこで見る? 星空観光に人気のおすすめスポット
あの人に届けたい。封筒の中に宇宙を閉じ込めた「星空の封筒」
雨の日も、お昼間も、芝生や雲に寝転がって満点の星空を
【宇宙からの贈り物】まるで星空の万華鏡!天の川の絶景に癒されよう

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。