ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポスター貼りをして100万円を3か月で貯めた!ピースボート乗船者のお金の貯め方を聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「世界一周99万円」と聞くと安いイメージを持つ人もいますが、学生やまだ働き始めた社会人の方はそんなに簡単に払える額ではありません。しかし、ピースボートはポスター貼りや内勤作業をすると船の運賃が割引になるのをご存知ですか?

今回は実際に船に乗った18人に、お金はどうやって貯めたのか?割引はどれくらいの期間で、どのくらい貯めることができたのか、調査してきました。

 

ピースボートが気になる方はこちらをチェック!

 

中田 智子(ほっけ)

会社員時代は目標もなかったので全然貯金をしておらず、当面の生活費しかなかったため、トラベルローンを組んで乗船しようかなと考えていました。そのことを親に話すと、「ローンより結婚資金として貯めているお金があるから使う?」と言ってくれ、一旦親にお金を借りました。

 

ボランティアで貯まった分を親に返金するという約束で、退職後の4ヶ月で70万程割引は貯めました。ポスター貼りは旅行がてらキャラバンと呼ばれる合宿に5回ほど参加し、キャラバンがない時は資料発送などのボランティアに週4~5で入っていました。

バイトもして、小遣いやツアー代はなんとか作れました。ボランティアスタッフやバイトはがっつり頑張った!というより、休み休みやったけど、行きたい気持ちがかなり強かったので何とか親の協力を得て実現したという感じです。

 

松森 あゆみ

1年間ピースボートセンターで、フルタイムボランティアとポスター貼りをして全額貯めました。ですが現金が無くなってきたので、 途中からバイトも始めました。

 

清水 章弘

お金は、働いていたのでまとめて払いましたが、帰ってきてからのことも考えたのと、ポスター貼りのことも知っていたので、仕事を辞めた後の2ヶ月間名古屋にスタッフのみんなと住み、ポスターを毎日貼りました。

結果は半分の50万が戻ってきました。その2ヶ月で仲間ができたので、船に乗ってからも不思議と心配はありませんでした。

 

藤川 史佳

大学在学中の11月から卒業する2月までの4ヶ月間で70万円分の割引を貯めた。内勤作業やポスター貼り、フルタイムボランティアなどを週に半分くらい行っていた。

 

RORO

私は当時学生だったので、バイトをするよりポスターを貼った方が、早くお金を貯められるよとスタッフに提案されてポスターを貼ることにしました。最初にポスターを貼り始めてから、半年くらいの期間ポスターを貼っていたと思います。毎日貼っていた訳ではなく、少しずつ貼り続けていました。

初めの方は月2〜3回程度だったのですが、次第に週1〜2回、船に乗る1か月前くらいはピースボートのスタッフが住んでいる家に住み込みをし、ほぼ毎日のようにポスターを貼りに行きました。またキャラバンと呼ばれる、地方にポスターを貼りに行く合宿にも参加し、船の運賃を貯めました。

 

船の運賃は99万円だったのですが、最終的には60万分くらいほど船の運賃を割引することができました。残りのお金は50万ほど親に借りて、無事に船に乗れました。

 

SAM

6年間正社員で働いたのでその貯金で。ポスター貼りと内勤作業で30万くらいは割引になりました。でも楽しんでいたのが一番ですね。

 

伊佐 亮建

現地でのお小遣いはバイトで!船代はポスター貼りで全額貯めました。ポスターは二ヶ月半ほどかけて貼りました。

 

今野 亮

仕事を辞めた後、平日の昼間を使ってポスターを貼り、約3か月間で62万円分貯めました。最初は、一円でも多く割引したくてがむしゃらに貼っていましたが、そのうち初めてポスターを貼る人に貼り方を指導する立場になっていきました。

その人たちにどうやったら上手く教えられるかということを考え、その人たちがたくさんの枚数を貼れるようになり、成長していく姿を見ることに喜びを感じるようになっていき、教えることに注力していくようになりました。

 

永須 由佳子

仕事でコツコツ貯めていた貯金を使いました。ポスターは宮城と秋田で少し貼ったくらいです。ピースボートセンターが東北にはなかったので、内勤作業はできませんでした。

 

キャプテン

高校は卒業しようと思っていて、73回の4月出航までちょうど一年ありました。内勤作業やポスター貼りでコツコツ貯めていきました。最後の方が頑張れない性格なので、結局全額割引を達成したのは出航の直前になりました。他に、居酒屋のアルバイトを半年して、30万円貯めたので現地のお小遣いに使用しました。

 

矢田部 沙季(べぇ−−−)

車が欲しくてコツコツと貯金をしていた資金を使い、一括で払いました。ちょうど早期割引だったので、99万円より安かった。その後にポスター貼りをのんびりとやりながら全額を貯めることができ、一括で払ったお金もちゃんと返ってきた。

 

上田 啓晶 (ブレイカー)

10万円分ぐらいはポスターを貼りましたが、あとは親から借りたのと、バイトで貯めました。お金がないから行けないなんて事は絶対ないです。自分次第。

 

前田 哲都(てっちゃん)

お金は学生で全く無かったので、大学を休学した4月から、出航する7月下旬まで、朝から夕方までポスター貼り。夜が20時から1時で焼肉屋のバイトをして、3か月で船の129万円分を貯めて、オプショナルツアーや遊び代の50万円はバイトで貯めました。ポスターは4500枚ほど貼ったことになりました。

 

仲榮眞 良

貯金はほぼないに等しい状態でクルーズに申込み、ボランティアスタッフで頑張ればタダで行けると知り、「タダで行こう!」とポスター貼りをしました。乗るまでに10カ月あったので、「毎月10万ちょっとずつしていけば良いな」と計画を立てました。

部屋に進捗状況が分かるようにグラフを貼り、仕事が夕方までの時は夜にスナック街。仕事が午後からの時は午前中。休みの日はほとんど潰してポスター貼りをし、なんとかタダで行けました。沖縄にピースボートセンターが無かったので、キャラバン以外の時はずっと1人で作業してたのが大変でした。

 

入山 亜沙子

当時は社会人6年目だったので貯金がありました。一括で払い、事前申込の割引を使いました。退職してから船に乗るために、ポスター貼りや内勤作業をしてさらに割引を頂きました。

 

高木 美希(みっきー)

世界一周の2回ともポスター貼りをし、全額割引を貯めて乗船しました。クルーズにより金額が違うので、1周目は128万円、2周目は99万円貯めました。

早い人だと毎日貼りに行き、3ヶ月で割引を貯める人もいます。ですが、仕事をしていたので休日しかポスター貼りに行けず、乗船予定のクルーズがまだ先なこともあり、ゆっくり貼っていたので、1周目は2年、2周目は1年かかりました。

 

Marley

photo by happy marley

半年くらいの期間で全額割引しました。船の運賃は先払いなので、そのお金とお小遣いはバイトで支払って、足りない分は家族に借りた。ポスターを貼ってる時は、「なんでお前のために俺らが協力せないかんのや」とか罵声を浴びせられたりして悔しかった思い出もあります。ですが、ご飯を食べさせてくれる人や、カラオケを歌わせてもらったりなど、夢を応援してくれる人もいたので頑張ろうと思えました。

 

江尻 美幸(しら子)

仕事で乗ったので、船代はなし。ただし、給料もなし。寄港地でも、ベビーシッターとして回るので、オプショナルツアー代は自己負担。

 

最大で全額割引できる

ピースボートは、ポスター貼りや内勤作業をすると船の運賃を割引できるシステムがありますが、30歳未満は最大全額割引ができるんです。つまり船の運賃がタダということ!

今回の質問に答えてもらった中では、実際に全額割引(全クリ)をした人が半分近くいました。自分が頑張れば頑張るほど割引は貯められるので、早い人では1ヶ月半で全額を貯めた人もいます。

 

世界一周したいけど、お金が無いからと言って諦めていませんか?ピースボートならタダで船に乗ることだってできちゃいます!何もしないまま諦めるより、まずは行動に移してみませんか?

 

ピースボートに関する記事まとめ

3ヶ月の船旅世界一周が70万円!TABIPPO特別プログラムで旅するメンバーを募集中!
ピースボートに乗船して初めて知った99のコト
日本人ならピースボートクルーズに乗るべき8つの理由
3か月の船旅で10ヶ国以上の仲間ができる!ピースボートの友達事情とは
「ピースボートの船内って退屈?」気になる船内事情を探ってみた
「ピースボートの船内は古いって本当?」実際に乗った人の感想をまとめてみた
船旅を選んだ20人に聞いてみた!世界一周の旅に出た理由とは
ピースボート乗船者8人に聞いた!地球一周のルートと期間は?
居酒屋に「地球一周の船旅」のポスターが貼ってある理由
地球一周累計269回のピースボートスタッフ60人が選んだ「もう一度行きたい国」ランキング
船で世界一周「TRAVELERS BOAT」レポート!毎日ワクワクしながら過ごしています

関連記事リンク(外部サイト)

3か月の船旅で10ヶ国以上の仲間ができる!ピースボートの友達事情とは
世界一周の手段はこれで決定!あなたの旅は船派?飛行機派?
ドローンを片手に新婚夫婦が旅をする!別次元のセルフィーを求めて撮る映像とは?
みんなに応援される旅を作る5つのコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP