体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本から3時間でヨーロッパ!?ハバロフスクの基本情報とおすすめ観光名所

日本から3時間でヨーロッパ!?ハバロフスクの基本情報とおすすめ観光名所
Photo credit:Andshel (投稿者自身による作品) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:Andshel (投稿者自身による作品) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

こんにちは。Compathy Magazineの酒井です。
ヨーロッパに行きたいけれど、休みが取れなくてなかなか行けない……。たしかにドイツやフランス、イタリアなどに行くには短くてもフライト時間が半日近くかかり、しかも時差が9時間など体への負担が大変です。
そんな皆さん、日本から最短3時間、時差わずか1時間でヨーロッパの雰囲気を味わえる都市、ハバロフスクをご存知でしょうか? 極東ロシアの一角を担うハバロフスクは、美しい自然の景色やロシア正教の影響を受けた教会など、独自の文化を感じることができるエリアです。
今回は、そんなハバロフスクの基本情報とおすすめの観光スポットについて紹介します。

極東ロシア・ハバロフスクってどんなところ?

日本との時差は1時間!?ハバロフスクの基本情報

ハバロフスクは、極東ロシアに位置する都市。ロシアのモスクワとの距離は約8,500kmも離れており、ウラジオストクを起点とするシベリア鉄道の重要拠点としても知られています。また市内を流れるアムール川を進むとその先には中国との国境があり、さまざまな人種が行き交う地域でもあります。

そんなハバロフスクは日本との時差が1時間ながら、ロシア聖教の影響を受けたヨーロッパの雰囲気を感じる建物がある独特の街並みが印象的。日本からのアクセスも良く、気軽にヨーロッパの雰囲気を味わえる海外旅行先として注目を集めています。

都市名:ハバロフスク(Khabarovsk)
人口:約60万人
言語・文字:ロシア語・キリル文字
通貨:ロシア・ルーブル(RUB)
宗教:ロシア正教(教会内に入る場合、男性は帽子を取り、女性は髪の毛を隠しましょう)
入国ビザの有無:必要(東京、札幌、函館、大阪、新潟のいずれかのロシア連邦大使館・総領事館で取得可能)

ハバロフスクの天気・気候・気温

曇

今日

11/12

High -3°
/
Low -12°

晴

明日

11/13

High -4°
/
Low -13°

雪

月曜

11/14

High -4°
/
Low -9°

曇
1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。