ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YouTubeがHDRに対応!ますます鮮明な動画を楽しめる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界最大手の動画サービスYouTubeが、HDR動画への対応を開始した。

・よりクリアに、鮮やかに!

HDRとは「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略で、映像に記録できる「明るさのレンジ(輝度幅)」を拡大する技術のこと。

コントラストはよりクリアになり、白とびや黒のつぶれが抑えられ、人間の目が実際に見ているようなリアルな映像を堪能することができる。

同じく動画配信を手掛けるNetflixやAmazonは、すでにHDRに対応していた。YouTubeは、今年1月にHDRへの対応についてアナウンスが行われていたが、ようやくサービスが開始された格好だ。

・アップロードにも対応

近日中に発売される2016年モデルのSamsung SUHD/UHDテレビでHDRに対応予定。

他のモデルでもHDR対応テレビであれば、Googleのストリーミング用機器「Chromecast Ultra」を接続することで、YouTubeのHDR視聴が可能となる。

視聴だけでなく、アップロードにもすでに対応済みだ。今や全てのクリエイターは、HDR動画を全世界に向けて発信できることになった。アップロード方法はこちらから。

今後、HDR動画のみの検索機能の追加など、随時バージョンアップを行っていくという。左が通常のSDR、右がHDR。違いは一目瞭然だ。
True colors: adding support for HDR videos on YouTube

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP