ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった一言でホッコリ。奥手のあなたでもできるお声掛けのススメ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


外国の方から日本人はシャイだ、とはよく言われますが、確かに控えめで、おとなしい人種とされています。洋画のスター達のやり取りのように、もっと気軽に挨拶や気の利いたトークが出来れば良いのに・・・なんて、憧れたことはありませんか?今回は、たった一言で、相手の気持ちをホッコリ、あたたかくできる、「心のおもてなし」について、お伝えします。

意外なところでのお声掛けが好感度UPに!

ある日、私は出張のため新幹線に乗っていました。途中の駅で前の座席にサラリーマン風の方が座り、後ろを振り向き私にこう言ったのです。「すみません、眠りたいので、座席を少し大きめに倒しても良いですか?」

今まで、シートの背もたれを倒すのに、このように声を掛けられた事が無かったので、一瞬ビックリしましたが、その一言で、前のシートの背もたれが大きく倒れてくることについて、とても好意的に受け入れる事ができました。更に、こんなに人に配慮ができる方は、きっと仕事もバリバリこなしているに違いない、さぞかしお疲れでしょう・・・と、体調の心配までする程、相手に好感を持ちました。


その後は私も、背もたれを倒す際は、「少し倒しますね」と、声を掛けるようにしています。「はーい」なんて、返事が返ってくると、なんとも心地良く、ホッコリした気分になります。

これならできるかも!まずは簡単な挨拶から

先程の背もたれを倒す時のお声掛けは、ちょっと勇気が出ない…という方。例えばコンビニのレジに商品を出す際、「お願いします」と言ってみる。

レストランで、注文した食事が運ばれてきた時、「ありがとうございます」と言ってみる。

エレベーターで、ボタンの操作をして下さった方へも、会釈だけではなく、「ありがとうございます」と、言ってみる。


こういった一言であれば、自然にお声掛けできるのではないでしょうか?また、私たちが毎日気持ちよく仕事ができるようにオフィスのお掃除をしてくださる方や、私たちの安全を守ってくださっている守衛さんに「おはようございます」「いつもありがとうございます」なんて言えたら、とてもホッコリした気持ちでお互い仕事に励めそうです!

おわりに

「謙譲の美徳」という言葉があるように、「慎ましさ」や「控えめ」が日本の美しい文化として礼賛されています。ですが、「謙譲の美徳」の意味とは、へりくだって控えめに行動すること、相手を優先した行為を行うことであり、決して、恥ずかしがり屋で引っ込み思案、という意味ではありません。

是非、常に相手の立場に立ち、自分が言ってもらったら嬉しい事を相手に言う。自分がしてもらったら嬉しい事を相手にする、という精神で実際にお声掛けをしてみましょう!

心のおもてなしで、なんだかくすぐったいような、あったかホッコリ体験がお互いに出来れば、毎日優しい気持ちで過ごせそうですね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

【紅たき占星】カレーで診断!あなたの結婚後の姿
骨盤を立てるだけ!ぺたんこお腹を手に入れる習慣・2つ
簡単&即効性あり!美しい姿勢をつくるポイント4つ
男性が覚悟を決めた!彼女を【奥さんにしたい】と思う瞬間とは?
界面活性剤って本当に悪者?4種類ある成分の特徴とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP