ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国富豪番付 1位はワンダGの王健林会長の321億ドル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国で1999年から富豪ランキングを発表している民間経済研究所「胡潤研究院」は10月、今年の「胡潤富豪ランキング」を発表し、コングロマリットの大連万達集団(ワンダ・グループ)創始者の王健林会長が個人資産総額321億ドルで、昨年に続いて中国ナンバー1の富豪の座に輝いた。

 第2位は電子商取引最大手アリババ・グループ・ホールディングの馬雲(ジャック・マー)会長で、306億ドルと、1年間で個人資産を41%増やしたが、王氏に及ばなかった。同研究院の創始者、ルパート・フーゲワーフ会長は、「2020年ごろには、中国から世界一の富豪が出るだろう」との予測を明らかにしている。ロイター通信が報じた。

 今年のランキング3位はポータルサイト「テンセント(騰訊)」のポニー・マー(馬化騰)氏で246億ドル。4位は金融大手、宝能集団の姚振華会長(男性)で、1年間で資産を9倍以上も増加させて、総資産は172億ドル。宝能集団は中国の不動産最大手、万科企業に対する買収合戦で主役を演じた人物だ。

 フーゲワーフ氏はロイター通信に対して、「中国の富豪の富を築くルートが従来の貿易や製造業から、金融に移っており、姚氏の躍進もそうした新たな潮流の象徴だ」と指摘している。

 フーゲワーフ氏は毎年2月に世界富豪ランキングも発表しており、今年は資産10億ドル以上の中国人大富豪は594人に増え、米国の535人を超えたものの、世界トップ20入りを果たした中国人はいない。

 今年の世界ランキングは10億ドル以上の資産を持つ世界中の富豪2188人をランク付けしたもので、1位はマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏(800億ドル)。2位は「投資の神様」として知られるウォーレン・バフェット氏(680億ドル)だった。

 中国人トップの王健林氏は、今年は21位で、昨年の33位からランクアップ。華人の中でも1位となった。今年の世界ランキングでは中国の首都、北京で暮らす富豪の数が初めて米ニューヨークを上回っており、北京在住の富豪は100人。北京は「世界で最も富豪が住む都市」となった。

 今後の中国人富豪の動向について、フーゲワーフ氏は中国紙「南方都市報」のインタビューで、「2020年ごろに中国から世界一の富豪が出るだろう」との見通しを明らかにしている。

 この理由について、同氏は「米国ではランキングトップの変動が少ないが、中国は過去17年で12回入れ替わっている」とその競争の激しさを説明。世界一になる可能性のある中国人富豪は王健林氏と馬雲氏の1、2位コンビのほか、ポータルサイト「テンセント(騰訊)」のポニー・マー氏、スマートフォンを製造する「シャオミ」の雷軍(レイ・ジュン)氏もトップが狙えるとし、「中国の現在の勢いが続けば5、6年後に中国人が世界一の富豪の座に躍り出るだろう」と指摘している。

【関連記事】
10億ドル以上のスーパーリッチ 大中華圏が米抜き最多
【日韓比較・経済編】名目GDP、国際特許出願件数、対外投資
香港の女性富豪 資産3000万ドル以上833人で世界一との調査

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP