ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

織田裕二、妻と一緒に反町夫妻別荘へ出かけるほど仲睦まじい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 柴門ふみ作・『東京ラブストーリー』に登場したキャラクターの25年後を描く『東京ラブストーリー After25years』が、女性セブンで連載(全7回)。『東京ラブストーリー』といえば、ドラマ版を思い出す人も少なくないだろう。「カンチ」こと永尾完治を演じた織田裕二も48才となり、今や既婚者だ。そんな織田の姿が目撃されたのは、雨の降る東京・赤坂。傘も差さずに濡れながら手をあげていた。タクシーが止まると軒先で待たせていた妻を呼びに行き、後部座席奥にエスコートする。

 今では当然のように貫禄ある大人の男の顔をみせていたが、かつては吉田栄作(47才)、加勢大周(46才)とともにトレンディードラマの「平成御三家」といわれていた。

 熱血、キッパリ、こだわり男と評される最近とは異なり、当時のイメージは“優柔不断そうな優男”。

「『東ラブ』で押されればリカにいき、泣かれればさとみにいくのに、なぜか憎めなくてかっこいい。その前に中山美穂さん(46才)と共演していた『卒業』(TBS系)でもそうでしたが、いかにもかっこいいというトレンディー俳優ではなく“等身大”の姿が見事にハマッた」(ドラマ関係者)

 そのイメージはすぐに変わる。『振り返れば奴がいる』(フジテレビ・1993年)では笑顔を見せない孤高の医師を、『踊る大捜査線』(フジテレビ・1997年)では熱血漢の刑事を。『世界陸上』のメーンキャスターでは別の顔を見せた。現在放送中の『IQ246』(TBS系)では天才的な推理をする貴族の末裔を演じるが、現場でのこだわりはもう知られたところだ。

「大御所ですからね。『踊る~』時代には柳葉敏郎さん(55才)との衝突がよく話題になりましたが、織田さんがセリフを変更したり、共演者の演技に注文をつけたりするのは折り込み済み。彼のこだわりです。

 今回も座長として共演者の土屋太鳳さん(21才)やディーン・フジオカさん(36才)に指南していますが、いいチームでやっていますよ」(前出・ドラマ関係者)

 プライベートはというと、織田は色恋の話が一切なかった。

「『真昼の月』(TBS)で共演した常盤貴子さん(44才)と一瞬報じられたことがありましたが、それも噂ばかり。だから、6年前に結婚した時には“偽装婚”じゃないかといわれたくらい鉄壁の男でした。

 でもフタをあけて見ると普通に夫婦で(笑い)。一緒に食事はもちろん、松嶋菜々子(43才)・反町隆史(42才)夫妻の別荘に夫婦で遊びに行ったり仲睦まじいですよ」(織田の知人)

 大人になったカンチは優柔不断は卒業していた。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
織田裕二 「踊る大捜査線」で2次・3次収入得て生活に困らず
天海祐希と柴咲コウが深夜の麻布十番で「織田裕二対策会議」
『龍馬伝』打ち上げ会場で福山雅治と織田裕二&美人妻が遭遇

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP