ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元犠打王・宮本慎也が開始した小学生野球大会はバント禁止

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 PL学園、同志社大、社会人を経てヤクルト入り。その間、中村順司氏、野口真一氏、野村克也氏など、多くの名将の下で野球評論家の宮本慎也(46)は野球をしてきた。球界きっての理論派として、引退後はメディアへの登場はもちろん、講演活動も積極的に行なっている。

 その評論の特徴は辛口であること。選手の実名を挙げて「怠慢プレー」などと批判するのはもちろん、かつて低迷していた古巣に対しても「とにかく低レベル」「見れば見るほど悲しくなる」などと切り捨てる。時に辛口すぎるのではないかという声もあるが、本人は意に介さない。

「目の前に起きたことを伝えているだけ。僕の中で分けているのは、若い人は仕方がないというのと、高い給料をもらっているならやって当たり前ということ。テレビではできるだけわかりやすく、スポーツ紙は野球好きが読むので突き詰めて書いていますが、評論には賛否両論あるのは仕方ないというのが僕のスタンス。自由にやらせてもらっています」

 とはいえ、傲岸不遜に振る舞っているわけではない。「球道即人道」という言葉を座右の銘として、人間性を何よりも重視し、自分を律している。

「これはPL学園の恩師・中村順司元監督が大切にされている言葉です。監督は卒業生みんなに、この言葉を色紙に書いてプレゼントしてくれます。監督にお伺いを立てて使わせていただいていますが、“野球のプレーをしっかりやろう”“強いチームを作ろう”と向上心を持つなら、まず人間性を磨かないといけない。普段の生活をちゃんとやらなければ、野球に表われてしまうという意味です。

 監督には野球の技術だけでなく、道徳やモラルなど、人間としての教育をしてもらった。今の僕があるのはそのお陰だと思っていますし、今もこの心を大切にしています」

 球界はそんな宮本に、指導者としての復帰を熱望している。本人は再びユニフォームを着ることに、どんな思いを持っているのだろうか。

「うーん、着たくないわけでもないし、何がなんでも着たいわけでもない。僕の中で心が動かないとダメでしょうね。監督やコーチの能力には、選手の生活もかかっているので、生半可な気持ちで着たいとは思っていません。

 どんな監督になりたいか、というのは今はないんです。今はプロ・アマ問わず野球を観たり、園児を教えているから、そこから色んなものを吸収して、来たるべき時に生かせればいいと思っています。タイミングが合ったり、心が動かされたりした時のために、引き出しを増やしておきたい。たとえ将来的に監督やコーチができなくても、それはそれでいいと思っています」

 彼が実際に監督になると、その堅実なプレースタイルからは想像できない面白い野球をするかもしれない。宮本は今年から自分の名前を冠する小学生の軟式野球大会をスタートさせたが、その大会はなんと「バント禁止」。実はこれ、宮本自身の意向だ。

「今の少年野球はバントや待てのサインがすごく多いんです。勝ちにこだわっているんですね。もちろんそれ自体は悪いことじゃないけど、やっぱり野球は振ってナンボじゃないですか。

 確かに僕は現役時代、400個以上バントしました。でも僕だって本当は打ちたかったですよ。そんな僕がいうんだから説得力あるでしょう?(笑い)だから僕の大会ぐらいは強く振る、思い切って投げるという野球をやってほしいんです。だってその方が面白いから。子供たちにはそうやって、野球の面白さを知ってほしいんです」

 野球をやりたいと思う子供たちを1人でも増やすことが野球界への恩返し─そう信じて、宮本は今日も活動を続けている。

●みやもと・しんや/1970年、大阪府生まれ。PL学園高から同志社大、プリンスホテルを経て1994年ドラフト2位(逆指名)でヤクルトに入団。2001年のシーズン67犠打はプロ野球記録。遊撃手と三塁手でゴールデングラブ賞を計10度獲得。アテネ、北京の両五輪で日本代表主将、日本プロ野球選手会の選手会長も務めた。2013年に現役を引退。生涯成績は実働19年、打率.282(2133安打)、62本塁打、408犠打。

■撮影/藤岡雅樹 ■取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
TBSの名物番組『プロ野球をクビになった男たち』が書籍化
解任騒動の元巨人・清武英利氏が野球への思い綴った本が登場
江川卓、伊良部他プロ野球史上に残るヒール55人を紹介する本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP