ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『オケ老人』4人 行儀の良い杏に目尻が下がりっぱなし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月11日(金)映画『オケ老人!』が全国ロードショーとなる。左とん平(79才)、小松政夫(74才)、石倉三郎(69才)、笹野高史(68才)の平均72.5才の大ベテランがアマチュア・オーケストラとして奔走するストーリーだ。そんなオーケストラに入団するのが高校教師の千鶴を演じる杏(30才)。どんな展開が待ち受けているのだろうか。

 年を取ると、忘れることはいともたやすいのに、新しいことを覚えていくことはなんとも難しい。せりふはさることながら、演奏シーンは、4人にとってはさぞかしハードだったことだろうと思いきや、待ち時間は、始終おしゃべりタイムだったという。そんな4人が撮影時の舞台裏を語った。

石倉:別にたいそうな話じゃなく、なんてないことを話してた。

笹野:昔の話、体の具合、健康なのか病気なのか、その確認とかですかね。おかげさまでこの中では誰も、がんを抱えていて黙っているとかないですし?…えっ、もしかしているの? あはははは。師匠、大丈夫ですか?

左:ばっきゃろー!(一同、爆笑)

小松:でも、本当に最近はバタバタと逝っているよな。

左:本当だよな…。

笹野:季節の変わり目ですしね。

左:だってそれはもう。おれとか、小松とかは、いつ死んでもいい年なんだからさ。

石倉:まあね。

左:「まあね」って、お前。あはははは。

石倉:どんどん先に逝ってもらわないとね。おれらの出番が回ってこないから。

左:でもこればっかりはわからないからね。若い人がバ~ッと亡くなることもあるから。

小松:笹やんは別として、コメディアンっていうのは早死にですな、だいたい。南伸介52才、東八郎52才。70代なんて長生きだよな。

石倉:まぁこんな話ですよ、休憩の合間の話って。

笹野:はいはいはいはい。

石倉:健康方法なんて、そんな高尚な話はしないんですよ。「どうなの? 飲む?」みたいな、そんな話。「今日、行く?」みたいなね。撮影中の2か月間は、ほぼ毎日(飲みに)行ってたかな。ぼくは帰りたいんですけど、先輩に誘われたら嫌だとは言えないでしょ?

左・小松:あはははは。

小松:若い人はあまり誘わなかったね。

左:だいたい小松、石倉、たまに笹やん。若い人は、年寄りばかりだと思って来ないもん。何言われるかわからないからね(笑い)。

小松:おれたちはみんな現場に泊まっていたんだけど、杏は必ず帰っていたよな。

石倉:それはもう新婚だからねぇ。

左:おれたちは、もうね、家に帰ったって…。

石倉:しょうがないよな? 「何しに帰ってきたの?」って言われるよ。「なんで帰ってきたの」って、さも残念そうな顔をされてさ。

左:「バカじゃないの、アナタ」って、な?

小松:こんなバカ話をしているんですよ、そうすると杏ちゃんっていう子は気取らない子でね。「何の話ですか?」って加わってくるんですよ。あれがツンツンしてたり、嫌な顔されると、やりづらいじゃないですか? いくらおれらが乱暴者だっていったってね、気を使ってしょうがない。

 そんな話をしていると、ちょうど杏がインタビュー会場に現れた。5月に東出昌大(28才)との間に双子の子供が生まれた彼女にとって『オケ老人!』は、産休直前までの仕事であり、産後の仕事復帰もまた今作のPR活動ということもあって、特別な作品。他の取材が終わったらしく、「インタビューの途中に申し訳ありません。お先に失礼します」と挨拶に来た杏に、4人の目尻は下がりっぱなしだった。

石倉:こういう行儀のいい子なんですよ。

笹野:いい子だからねぇ。

小松:彼女のおかげでずいぶん和やかな現場になって、やりやすくなったのは確か。

撮影■高柳茂

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
近藤真彦と滝沢秀明対談 NHK師弟共演について語り合う
押尾学語録「小さな日本は俺には似合わない」「東大受かってた」
チャン・グンソク 衣装を引きちぎり「キスシーンには自信ある」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP