ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日野賢二 トランペットを諦めベースを選んだ理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。オンエアの11月11日は「ベースの日」ということで、番組でもベースを大フィーチャー! ゲストにベーシストの日野賢二さんをお迎えして、日野さんに生演奏してもらいたい曲をリスナー投票で決定する企画をお送りしました!

今回、投票してもらったのは、Weather Report 「Teen Town」と、Roberta Flack「Feel Like Makin’ Love」の2曲。果たしてどちらが選ばれたのでしょうか?

ベーシスト、ソングライター、音楽プロデューサーとして活躍されている日野さんは、長年ニューヨークを拠点に活動されていたのですが、最近、その拠点を東京に移されました。

ちなみに日野賢二さんには”JINO(ジーノ)”という愛称があるのですが、これはイタリアの友人がつけたそう。アメリカでは“ケンジ・ヒノ”から、“ケンジーノ”と呼ばれているそうなのですが、イタリアの友人が“ケン”を取って“ジーノ”と呼ぶようになったそうです。確かに発音的にはイタリアっぽいですよね。

日野さんのお父様といえば、日本を代表する世界的なジャズ・トランペット奏者・日野皓正さん。もともと日本に住んでいたのですが、日野さんが小学1年生のときにお父様が「ジャズは日本じゃない!」と言い出し、家族と共にニューヨークに移住されたそう。その後、音楽専門の高校に通われたのですが、そこで同校出身である、ベーシストのMarcus Millerや、ドラマーのOmar Hakimに出会ったそうです。

そんな日野さんがベースを始めたきっかけはなんだったのでしょう?

「もともと(父の教えで)トランペットをやってて。吹いてるときに、自分がビートルズが好きだったから、ビートルズの曲を吹いたりするじゃないですか。でも、上手くなくてスーパーで流れているような感じになっちゃうんですよね(笑)。それで無理だなこれ…と思って」(日野さん)

それからピアノなどでやってみても、しっくりこず…。そんな中、お兄さんがベースをされていて、それを借りて遊びでビートルズを弾いみたら、「これだ!」となったそうです。もしお兄さんがベースを持っていなかったら、“ベーシスト日野”は誕生していなかったかもしれないのですね。

そして今回の目玉である、リスナー投票で生演奏してもらう曲を決定する企画なのですが、最終的には2万7,634票もの投票が寄せられました! その結果、「Teen Town」が1万3,985票、「Feel Like Makin’ Love」が1万3,649 票を獲得。ということで、本当に僅差で「Teen Town」に決定!

生演奏では、「本当に一人で演奏しているの?」と思ってしまうほどの超絶プレイを披露していただきました!ぜひ、みなさんも好きな曲のベースラインに注目して聴いてみてはいかがでしょうか? きっと新たな魅力が発見できるはずです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時ー11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP