体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 番外編 R5 / Alesso / The Struts / Black Honye × Sho Okamoto (Summer Sonic 2016)

2016_ss_0008

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画の番外編として、オカモトショウがサマーソニック2016に潜入。ディズニーチャンネルのスターから、ロックを愛する同胞たち、さらにダンスミュージックの寵児と相見え、ワールドワイドな音楽トークを繰り広げました。

R5 × Sho Okamoto(OKAMOTO’S)
2016_ss_0061

アメリカのポップ・アイコンとしても名高いR5。バンド形式をとる彼らが愛する音楽とは? OKAMOTO’Sの音楽に興味津々、互いのバックグラウンドにすっかり意気投合した二組の対談を送る。

——サマソニはどうですか?

ロス「いい感じだね」

ライカー「今まで日本に来た中で一番楽しいかも。もう3回くらい来てるけどね」

——僕はミュージシャンでOKAMOTO’Sというロックバンドを組んでいるのですが、ラモーンズの様な感じで全員の名字がバンド名になっていて。R5という名前は、ジャクソン5から来てるんですか?(笑)

ライカー「あはは! 違うよ。だったらいいんだけどね(笑)でもアイデアは同じ。バンドになる前から皆が俺たちをそう呼んでいたから、そのままR5にしたんだ。ニックネームだったんだよ。”あ、R5がいる!”って感じで呼ばれてた」

——みなさんは今ではビッグ・アイコンだと思いますが、ポップ・アイコンであるというのはどんな感じがするものですか?

ロス「本音を言うと、俺たちは自分たちのことをポップ・アイコンではなくてミュージシャンだと思っているんだ」

ロッキー「そう。ファッション誌にも出ているし、ポップと見なされることもあるけど、僕たちはただ自分たちがやりたいことをやっているだけ」

——自分たちで楽器を演奏しているわけですし、確かにみなさんはミュージシャンですよね。

ロス「そう。俺たちが得意なのは音楽なんだ」

ラトリフ「俺たちは曲を書くのが大好きなんだ。だから、LAに帰って作業をスタートするのが待ちきれないよ」

——僕もライティングは好きです。どの作業が好きですか?レコーディング?それとも作曲?

ロス「全てが好きだね。曲を作って、アルバムが出来て、それがリリースされて、ツアーに出るまでの全て。その流れ全体がすごく特別な時間だと思う」

ライカー「結成して8年が経つけど、僕たちは未だに成長している。もちろんどのバンドも成長していくわけだけど、特に僕たちは、曲を書く度に何か新しいことを学んでいるし、音楽の知識を広げていっているんだ」

——何カ国くらいで演奏しました?

ライデル「本当に沢山よ」

ロス「30カ国以上だな」

ロッキー「トラブルも沢山あったね(笑)」

ラトリフ「5つの大陸を回ったよ。南極とアフリカ以外」

ライカー「次は南極だな(笑)」

ライデル「ショーの数は300以上よ。すごく多いと思う」

ロス「演奏するのが好きなんだよ」

——僕たちのバンドは、メンバーと12歳の時に知り合ってからほとんど毎日一緒にいたので、ツアーや活動で未だにずっと一緒にいると、たまに一人になりたい時もあったりして。

ロス「俺たちもそういう時があるよ。ヴァイブス次第だね。ヴァイブスが大切なんだ。最初はよくて、途中でお互い嫌いになって、ツアーの終わりではまた仲良くなる(笑)」

ライカー「ビジネスも関わってくるし、自分たちの想いだけではどうにも出来ないこともあるよね。でも、僕たちは曲作りにおいては心から正直であることを心がけている。隠すものが何もないんだ。そうしないと、良いバンドでいることは難しいと思う。すごく面白いライフスタイルだよね」

ロス「君はリードシンガーなの?」

——そうです。4人ともロックへの情熱を持っていて、それでバンドを結成しました。

ロッキー「どんなバンドに憧れてた?」

——ローリング・ストーンズ、ザ・フー、ビーチ・ボーイズとか。

ロス「俺たちもだよ!」

——新しい音楽ももちろん大好きですけどね。今やっている音楽は、そのミックス。僕はNYで生まれましたが、育ったのは日本で、メンバーも全員日本育ちです。日本に住んでいると、ロックがアメリカに比べて少し遠い感じがするんです。ヒップホップなど様々なジャンルの音楽も周りに存在しているわけですが、ロックをプレイすることはみなさんにとっては自然なことですか?

ライカー「僕たちもローリング・ストーンズのようなバンドから影響を受けているし、だからこそバンドをやりたいと思った。もちろんEDMやR&Bのような音楽も溢れているし、ポップ・フォーマットの音楽がアメリカでは人気だと思う。だから、バンドに注目している人はそこまで沢山いないと思うんだよね。そこが難しいところで。リズミカルにする必要もあると思うし、次のアルバムに関して色々と考えているんだ。その中間のバランスを上手くとれた音を作れるといいな」

ラトリフ「同時に、他の人がやっていないこともやりたい。そうすることで際立てるとも思うから。それは、アルバムをレコーディングしていて気づいたことなんだ」

——なるほど。次回作が楽しみです。ありがとうございました!

全員「ありがとう!」

photo Shuya Nakano
interview Sho Okamoto(OKAMOTO’S)
text & edit Ryoko Kuwahara

2016-08-30 20.06.35
Twitterのフォロー&リツイートでサイン入りチェキを1名にプレゼント。希望アーティストを明記してください。

r5_
R5
『LOUDER』
発売中
(Universal)
http://store.universal-music.co.jp/product/uicy15565/

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。