ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メガネ5日間試着してみる。そしてオンラインで買う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いまや日用品や洋服など、インターネットでなんでも購入できる時代。

それでも、写真だけではわからなくて、なかなかカートに入れられないアイテムがあります。

それが、メガネ。

さすがにネットでは、かけたときの印象やかけ心地まではわかりません。

そんななか、メガネの試着サービスをスタートさせたのが「Oh My Glasses TOKYO」です。

メガネ試着のしくみ

1.まずは、サイト上で気になるメガネを選択。1回の試着で、最大5本まで選ぶことができます。

2.メガネが自宅に届いたら、いざ試着。5日間試せるので、手持ちの洋服と合わせたり、友人や同僚の意見を聞いたり、じっくり納得いくものを選ぶことができます。

3.気に入ったメガネに出会えたら、購入&試着メガネ返品の手続きへ。国内送料無料、返送料はかかりません。

ちょっと冒険したデザインのメガネが欲しいとき、お店だとほかのお客さんの目が気になって、なかなか試せないでいました。でもこれなら人目を気にすることなく、思う存分、試着できます。

オンラインショップの新しい常識

「Oh My Glasses TOKYO」は、日本のメガネをインターネットなど、最新のテクノロジーを活用し、世界中で売りたい、世界中の人に伝えたい、という想いで、2011年7月に創業したメガネブランド。

サービスだけではなく、メガネそのものも、レンズの加工からフレームの調整、配送まで、専門のスタッフがひとつひとつていねいに担当。世界最⾼品質といわれている福井県鯖江産のメガネが中⼼と、MADE IN JAPANの良さを実感できます。

テクノロジーによって、毎日の生活がどんどん便利になっていくのを実感中。

思いもしなかったものがネットで買える未来、もうきています。

Oh My Glasses TOKYO

■ あわせて読みたい

おしゃれは我慢しなくていい。ラペルラのブラジャーで解放される
ヒラリーショック。ファッション界から悲痛の声
冬のアイスカラーコーデで、気持ち凛とする
素敵な人に会ったとき、その人に見合う自分でいたい。 #ふたりごと
グワシ! 楳図かずおさんが赤白のボーダーを脱いだ
カールが手がけるホテルに泊まりたい。第一号店はマカオ
服って消耗品? アメリカのファッション事情がよくわからない

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP