ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アムステルダムに恐怖の「屋上ブランコ」が!?「アダムトーレン」で絶景も楽しむ方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オランダ・アムステルダムの街を一望したいのなら、ぜひともおすすめしたい場所があります。それは「アダムトーレン」という建物。晴れるとその屋上から360度見渡すことのできる素晴らしい眺望が望めるだけでなく、今にも屋上から空へ飛び出してしまいそうなスリルあるブランコに乗ることもできるのです!

「アダムトーレン」への行き方

せっかくなのでその建物への行き方をアムステルダム中央駅からご案内します。この建物にどこか見覚えはないでしょうか? それもそのはず、このアムステルダム中央駅は東京駅がモデルにしたいう噂もあるほどの建物です。実際は違うようですが、そう言われても納得できるほど似ていますね! 今回はこの後ろにある巨大な建物、「アダムトーレン」に向かいます。

まずはフェリー乗り場へ!

「アダムトーレン」に行くにはボートに乗る必要があります。 5分ほど歩けばボート乗り場に到着です。

ボートに乗る前にコーヒーブレークをしましょう。東京と同じように、ここアムステルダムでもスターバックスはとても有名です。オランダの主要な駅やまちなかにはたいていスターバックスがあります。親近感を持ちませんか?

ここが今回向かいたい場所です。写真中央の高いビルです。しかし、今いる場所とビルの間には湖がありますね!アムステルダム中央駅のうしろには、「het IJ」(発音はeyeと同じです)という湖があります。アダムトーレンに行くには、この湖を渡る必要があり、そのためには無料で頻繁に通っているフェリーに乗る必要があるのです。

進んでいくとフェリーがありました! 右にある方のフェリーに乗りましょう。バイクやスクーターも一緒に載せることができます!

さあ出発です!

船内にはたくさんのスペースがあります。東京の満員電車のようではないので安心です。

ビルに到着!

さて、対岸に到着したようです!目の前に目的の建物は見えますが、ここからもう少し歩かないといけません。

ビルに到着しました!この建物はもともと企業のオフィスが入っていたのですが、今ではおしゃれなレストランやホテルが入り、そして360度の景色を望める屋上へと変貌したのです。実は元々あったオフィスの一部はまだこの建物にありますが、彼らの新しいオフィスはここから100メートルしか離れていない場所にあり、その姿はこの建物の屋上から見ることができます。

こちらがビルの麓です! これから行こうとしているところは「Lookout」と呼ばれるアドベンチャー施設となっています。さっそく中へ入りましょう!

中に入ると、お土産屋さんがあったり、おしゃれなインテリアもありました。まるでゲームに出てきそうなインテリアですね!さて、屋上に行くにはエレベーターに乗りましょう。

素晴らしい眺望の屋上

エレベーターから降りると、ついに、素晴らしいパノラマを拝むことができました! 幸運なことに、天気も悪くありません!この場所からは、アムステルダムの景色を360度見渡すことができます。

こちらはアムステルダム中央駅です。こう見るととても大きいですね!たくさんのフェリー“het IJ”が通っています。

眺望に満足した後は、アダムトーレンの近くにあるこちらのカフェに寄るべきです。可愛らしい建物の中でおいしい食事やドリンクを味わえる素敵な場所です。さて、スリルの味わえるブランコは一体どこにあるのでしょうか?

スリル満点! 今にも空へ飛んでしまいそうなブランコ

ブランコに乗っている人が見えました!

正真正銘このブランコですね! このブランコはなんとビルの端から飛び出してしまいます! こんな高いビルの屋上から飛び出してしまうブランコなんて、高所恐怖症の人は絶対乗ったらダメですね! 見ているだけでもヒヤリとしてしまいます。

このブランコの名前はずばり、「Over the edge」! 私は今回は乗りませんでしたが、怖くないのでしょうか……! ブランコに乗るには5ユーロ払わないといけないようです。ブランコに乗らなくても、ここからは素晴らしい景観を見ることができます。みなさんもアムステルダムの絶景を見に訪れてみてはいかがでしょうか?

アダムトーレンOverhoeksplein, 5, 1031 KS Amsterdam平日10:00-22:00公式HPはこちら

(翻訳:甲斐大輔、編集:伊志嶺麻彩)

関連記事リンク(外部サイト)

古都・レーゲンスブルク。こんなに美しいのに日本ではまだ知られていないなんて。
南仏プロヴァンスのクリスマスの習慣 「希望の小麦」がとっても素敵!
ラピュタの城っぽい「スピシュ城」は、火災で焼け落ちた明るい廃墟だった 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP