ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

衝撃スリラー『ミュージアム』に出演した尾野真千子に直撃! 「しんどい内容だなと思うと同時に出演したくなっている自分もいましたね」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
衝撃スリラー『ミュージアム』に出演した尾野真千子に直撃! 「しんどい内容だなと思うと同時に出演したくなっている自分もいましたね」

AOLニュースが総力を挙げて応援する、大友啓史監督が俳優・小栗旬を迎え仕掛ける衝撃のノンストップ・スリラーエンターテイメント『ミュージアム』。主演の小栗旬、大友啓史監督、野村周平に続き、公開記念インタビューの第4弾は、主人公・沢村刑事(小栗旬)の妻・沢村遥役の尾野真千子だ。衝撃的な描写が続くスリラーエンターテイメントとして、”現代的な恐怖”を描き出す本作に出演した思いをうかがった。

――今回の『ミュージアム』、受け手に問いかけるメッセージが実に強烈だなと思いました。

試写で大友(啓史)監督と並んで観ましたが、観終わった後に「すごく疲れました」と、監督に言いました(笑)。撮影も、大変だったと思います。特にクライマックスの追い込みは凄まじかったですし、わたしが出ていないシーンでもカエル男が出てくると雨が降っているので。

――家族を危険な目に遭わすカエル男を追っているはずの刑事の主人公が、いつの間にか追い込まれる側になってしまう逆転の構図が、今回の映画では際立っている印象でした。

そうですね。最初に脚本を読み進めている時にしんどい内容だなと思うと同時に、出演したくなっている自分もいましたね。劇中では、そうとうひどい目にも遭うわけですけれどね(笑)。

――主人公の沢村は家庭をかえりみない刑事で、それが原因で家族が危険にもさらされるわけですが、決して悪い男ではないように思いました。昭和の親父って、皆そうだった気もして。

同感です(笑)。今の時代では家にも帰らずひどいって言われそうですが、わたしも仕事に熱心な彼はカッコいいと率直に思いました。

――確かに家を出ていくに十分な理由はありますが、一方で刑事の妻でもあるわけで(笑)。

違う職業だったら話は変わってくるかもしれませんが、夫は刑事なので、それが普通だとわたしは思っていたので、そうじゃないんだなって。そこは今の時代に合っている設定でしょうし、わたしもフラットな感覚で遥の考え方を受け止めて演じようと心がけました。

――大友監督の以前のコメントにもありましたが、時代性やリアルがポイントだったそうです。それを踏まえてストーリーやキャラクターが生まれているんですよね。

今の時代を感じるので、本当にリアルだなと思います。こういう犯罪やニュースを見聞きすることがあるので、こういう映画に自分が出ていると思うとゾクッとしますね。現実世界のほうでも『ミュージアム』みたいにヘンなことが多いので、怖いです。

――ちなみに尾野さん主演のHuluオリジナル連続ドラマ「フジコ」(2015)も、現代的な恐怖を感じる一作でした。

そうでしたね。本当のことを言うと、わたしは得意じゃないジャンルなんです。殺し方、殺され方、考え出すと嫌だなあと思っちゃうので、それこそ「フジコ」も一度お断りしていたくらいでしたが、今回の『ミュージアム』も現代のリアルを映し出している。それは、わたしたちが仕事で訴えかけなければいけないことのような気もしていて、その結果、家族愛や命の大切さ、尊さを知ること、伝えることができるはず、と思ってやっていました。

――言ってみれば、ある意味では使命感にも似た感情が生まれていた、ということでしょうか?

使命と言うと大げさに聞こえはしますが、直接的な疑似体験ができるのって、映画の中で演じているわたしたちだと思うんですよね。それを観ている人は、今度は追体験ができる。ただ、今回は本当に疲れましたよ(笑)。それは、手応えがあったことの裏返しなのですが。

映画『ミュージアム』は、2016年11月12日(土)より、全国ロードショー


© 巴亮介/講談社 © 2016映画「ミュージアム」製作委員会

■映画『ミュージアム』公式サイト
www.museum-movie.jp

関連記事リンク(外部サイト)

御年70歳!WWE「悪のオーナー」ことビンス・マクマホンが審判としてリングに降臨!相変わらずのガチムキっぷりにファン歓喜
バットをヌンチャク回しする高校球児が海外でも話題に 「ニンジャ!」「ジェダイみたい」
150人を逮捕した警察犬が安楽死に・・・病院に向かう元同僚に警官達が敬礼し見送る
野村克也VS張本勲の暴走老人対決!ノムさんが口撃「喝いれる資格ない」「人の事言えるか」
すべてを亡くしたボクサーが家族のために生まれ変わる!ジェイク・ギレンホール主演の胸アツ映画『サウスポー』予告編

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。