ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青ヶ島で一番高い場所「大凸部(おおとんぶ)」から望む朝日と絶景

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

青ヶ島滞在最終日の朝、島で一番高い大凸部(おおとんぶ)で朝日を見ようと計画したものの、登っていると間に合わないということで部屋の窓から朝日を拝む。


朝日を見たあと、まだ日が登りきらないうちには行こうと大凸部へ向かいました。


「大凸部(おおとんぶ)」とは、青ヶ島で一番標高の高い場所。標高423m。登り口から徒歩15~20分くらい。登り口自体も集落にあるので、意外と簡単に行けます。急いでて写真がないんですが、雰囲気のある階段を登って行きます。頂上。


とても狭い空間です。


天気が良ければ360度の景色が見渡せます。


カルデラの中がよく見えるはずなんですが、この通りの霧でした。


しばらく待ってみますが、海からもどんどん霧がやってきて、これは無理でしょうとなりました。


下山したら晴れていました。


一番の名所と言ってもいいくらいの場所なのに、絶景を見れなかった。青ヶ島の神様がまた来いと言っているのかな。神様に言われなくてもきっとまた来るけど。旅先ではあえて宿題を残すことがあります。また来るための口実に。

[寄稿者:マリ]
■あわせて読みたい
【地中海の絶景孤島】マルタ共和国ってどんなとこ?
http://tabizine.jp/2016/10/15/97447/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP