ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

軽井沢の森で氷上散歩♪ 「ケラ池スケートリンク」が11月オープン【長野】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

標高1000mの高原にある長野県軽井沢。冬の間、野鳥の森に隣接する「ケラ池」は氷で覆われます。これを利用し「ケラ池スケートリンク」として今年11月に新オープン!この冬のレジャーとしておすすめのスポットです。

この地域は雪が少なく晴天が多いので屋外レジャーにぴったりの気候。周りを木々に囲まれ、遠く向こうには浅間山が顔を出す…そんな自然の恵みを活かした森のスケートリンクで氷上散歩♪

近隣にある温泉で暖まりつつ冬のレジャーを家族や友人と楽しんでみてはいかがでしょうか。

全国でも希少!屋外スケートリンク誕生

ケラ池は「国設軽井沢野鳥の森」に隣接しており、すっぽりと周囲を森に囲まれ、春から秋にかけては何種類もの野鳥やトンボ、カエルが訪れる自然豊かな場所です。12月下旬~2月の厳冬期にかけては池の全面が凍り、全国でも希少な自然の中のスケート体験を楽しむことができます。

景色を楽しみながらゆったり氷上散歩

もともと軽井沢は伝統的にスケートが盛んで、昭和26年(1951年)以降、町内次々と天然リンクがオープンしていきました。昭和30年代には東京から「銀盤号スケート列車」も運行され、スケートブーム到来。しかし時代の変化に伴い、天然リンクは徐々に姿を消していきました。

それでも軽井沢では子どもから大人まで幅広く親しまれており、軽井沢町内では現在も複数のアイスホッケーチームが活動しているそうです。

今回オープンするケラ池スケートリンクは昭和26年開業のリンクがあった場所。平成12年(2000年)以降の2回の休業を経て、この冬新たに生まれ変わった新設リンクです!

リンクサイドにはカフェスペースも。冷えた体をホットドリンクで温めて…

初心者でも安心!レッスンも無料開催

「スケートやったことないから不安…」そんな初心者の方も安心のショートレッスンを、期間中の土・日曜日に開催!

スケート靴の履き方から初歩の滑り方まで、初めての方を対象にしたスケートの基礎を先着10人に無料でレクチャーしてくれます。もちろんスケート靴のレンタルも行っています。

滑走時は安全のため手袋とニット帽を着用してくださいね。

リンクを囲むウッドデッキをベンチ代わりに休憩しながら楽しめます

氷に慣れたらひょうたん形のスケートリンクをお散歩♪広いリンク内には所々に小さな島があり、その小島をめぐるように滑っていくのがオススメコースです。森の景色を眺めながら、鳥の声に耳をかたむけながらの氷上散歩で心身ともにリフレッシュ!

森の自然に包まれる心地よさを体感できるはず!

さらにイルミネーション点灯日は19:00までリンクを開放しています。森に夕闇が迫る頃、イルミネーションで輝くリンクはまるで満天の星が降ってきたかのよう。昼間とは一味違った表情のロマンチックなリンクを楽しめます。

イルミネーションの点灯日は開催期間中の金・土曜日と、2016年12月25日、29日、30日、31日、2017年1月1日、2日、8日の予定です。

徒歩5分の位置にある「星野温泉 トンボの湯」は再入場可能な日帰り温泉として利用できます

まとめ

冬は寒くて屋内にこもってしまい、運動不足気味に…。休日には冬と自然を楽しめる軽井沢のスケートリンクに出かけてみませんか?体を動かせば氷上でも自然とぽかぽか暖まって、固まった体もほぐれてくるはず。

伝統あるスケートリンクの上で、森の新鮮な空気を思いっきり吸って健康的に寒い冬を楽しみましょう♪ 軽井沢星野エリア「ケラ池スケートリンク」

TEL/0267-45-7777

住所/長野県軽井沢町星野(軽井沢星野エリア)

期間/2016年11月18日(金)~2017年3月12日(日)

※天候により変更になることがあります

時間/10:00~16:00

※イルミネーション点灯日は19:00まで延長

入場料/大人(中学生以上)1800円、子ども1300円

※貸し靴料込み

アクセス/車:上信越道「碓氷・軽井沢IC」から約14km

電車:北陸新幹線「軽井沢駅」より無料シャトルバス運行、しなの鉄道「中軽井沢駅」より徒歩17分

「軽井沢星野エリア「ケラ池スケートリンク」」の詳細はこちら

※この記事は2016年11月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

今年のクリスマスは愛知デートを楽しんでみては?愛知に行ったら行くべきおすすめのデートスポット20選
駅から10分以内!名古屋イルミネーションスポット17選【愛知】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP