ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

同人・インディゲーム即売会「デジゲー博」 11月13日に開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

同人・インディゲームの頒布イベント「デジゲー博」が今年も開催される。

デジゲー博のイベント内容の詳細については、同人・インディゲームの制作サークルが多数集まり、制作したゲーム作品の展示や有料頒布を行う催しとなっている。今年で第4回の開催となり、開催日時は11月13日(日)の11:00~16:00。場所は秋葉原UDX2階 アキバ・スクエアにて開催される。


デジゲー博 公式ページ

「デジゲー博」は同人ゲーム、インディーゲームの展示・頒布のイベントです。プラットフォームは不問。PC、スマートフォン、タブレット、ゲーム専用機だってOK。ゲームだけでなく、ライブラリや制作ツールの展示・頒布でもOKです。

(公式サイトより引用)

 
本イベントの入場には、入場券の代わりとして一人1部のカタログ購入が必要(未就学児童については、カタログの購入は必要なし)。カタログ購入方法や価格は下記のとおり。

・当日購入

会場に当日販売所が設置。1000円(税込)で購入することで入場が可能。

・事前購入

下記同人書店に委託販売がされている。販売価格は1000円+税。現状、いずれの書店もweb通販は完売状態となっている。

あきばお~
AKIBA-HOBBY
COMIC ZIN
とらのあな
メロンブックス
 
当日は、様々なジャンルのゲーム制作サークルが出展される。参加サークルの一覧は公式ページ内にまとめられているので、どんな作品が出展されるのか知りたい人は、こちらも要チェックだ。

デジゲー博2016 参加サークル一覧

今年は、VRゲームの展示が増加することも想像される。ずっと楽しみにしていたサークルの新作がある人も、また、今回を機会に休日にぶらりと立ち寄ってみたい人も、新たなゲームやサークルとの出会いを求め、デジゲー博に向かってみてはいかがだろうか。

関連記事:

サラリーマンカエルの冒険再び。開発室Pixel『ケロブラスター 残業モード』を10月11日リリース
レトロゲームのような世界!ドット絵で作られた作品展示会「Pixel Art Park」が明日開催
SIEJA、インディーゲームのポータル「PlayStation × Indies」をリニューアル プレイステーションで配信される作品を一覧紹介

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP