ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

温感アイマスク式健康法が話題!目を温めるだけで改善する5つの症状

  • ガジェット通信を≫


目を温めるだけで身体の不調が改善される、温感アイマスク式健康法について書かれた本『目を温めると身体が自然によみがえる!』 がベストセラーになり大きな話題を呼んでおります。

スマホやパソコンなどでダメージを受けやすい現代人の目、温めることによってどんな嬉しい効果が期待できるのでしょうか?

今回は「温感アイマスク式健康法」について、医師に解説をしていただきました。

温感アイマスク式健康法とは

温かくなるアイマスクを使って、目の周りを温めることにより、自律神経を整える健康法です。

温感アイマスク式健康法3つのメリット

1:手間がかからない

開封すれば温かくなるものが多く、手間をかけずにそのまま使用ができます。

2:お金がかからない

温感アイマスクはさほど高いものではありませんので、経済的な負担は少なくてすみます。

3:時間がかからない

寝ている間につけているだけでよいので、日中の時間を無駄にしません。

目を温める効果1:自律神経が改善される


目を酷使していたり、パソコンばかり見ていると交感神経優位の状態になっています。目を温めてリラックスすることで、副交感神経が優位となり自律神経が整う効果があります。

目を温める効果2:肩こりが改善される


眼精疲労などの目の疲れが肩こりに繋がっていることがあります。目を温めることで目の疲労が回復し、肩こりも改善する効果が期待できます。

目を温める効果3:不眠が改善される


睡眠に関係するホルモンにメラトニンというものがあります。自律神経の調子が整うとメラトニンの分泌にも良いと考えられ、不眠の改善に繋がります。

目を温める効果4:スマホ老眼が改善される


スマホの細かい文字を近距離で長時間見ていることによって、目には相当の負担がかかっています。近いところのものを見るときに使われるのが、毛様体筋という筋肉です。

従って目を温めることは、毛様体筋の血行を良くし筋肉を休めることにもなるので効果的です。

目を温める効果5:頭痛が改善される


目を酷使しすぎると眼精疲労になることがあり、眼精疲労から頭痛が発生することがあります。目を温めることで眼球周囲の筋肉の老廃物の排出が促進されるので効果的です。

温感アイマスク式健康法の注意点

■目の周りに疾患や傷などのある場合は、悪化させてしまうことがあるので使用をしないようにしてください

■治療中の疾患がある場合や、温感が低下している方などは、使用の前に医師に確認する方が無難です

■温感アイマスクを使用後に、目の周りに異常を感じた場合には使用を中止するようにし、場合によっては皮膚科や眼科を受診してください

医師からのアドバイス

目を温めると気持ちいいですし、リラックスにもつながります。最近はスマホを頻回にみることが増えていると思いますので、目が疲れたら利用するとよいですね。

また、パソコンを使って長時間のデスクワークをする方も目を酷使していますので疲れたら使ってみてください。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

スマホやパソコンによる目の酷使…現代人に知って欲しい目の疲れ回復法
【眼球破裂】福山雅治コンサートで女性スタッフ重傷 症状・治療法を医師が解説
「ポケモンGO」大流行の影で考えられる心配…スマホを触り続けると睡眠障害になる!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP