ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平の将来のお嫁さん 女子アナは是か非か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いまや日本でもっとも「嫁の座」を狙われているプロ野球選手、日本ハムの大谷翔平(22)。『週刊ポスト』ではお節介にも大谷の「お嫁さん」にふさわしい女性像が誰なのかを探るため、全国の50~70代の男女300人にアンケートをとった。すると全体の76%が「一般女性」と答え、次に多かったのは「同級生」(5.7%、17人)だった。一方、最も目の敵にされたのが女子アナだ。

「バカな女子アナだけはやめてほしい」(71歳男性)という辛辣な意見も少なくなかった。球界の御意見番の広岡達朗氏がこう力説する。

「女子アナはダメダメ。外で働いていて家事をする時間もないんだから。きれいなマニキュア塗って、料理なんかできるわけない。美人かどうかは二の次。健康管理ができる人じゃないと。嫁さんの顔が良くても、ホームランは打てませんよ」

 巨人、西武などでコーチ経験のある評論家の黒江透修氏は別の観点から“女子アナ妻”のデメリットを指摘する。

「現場の取材経験が豊富な女子アナだと、生半可な野球の知識があって、調子の悪いときなどには“どうしてあのボールを振ったの”なんて説教しかねない。そうなったら夫婦喧嘩になる。家に帰ってまで神経が休まらないのはいただけない」

 否定的な意見が相次ぐ中で、「女子アナ妻にも長所がある」と語るのは、ヤクルト、巨人、阪神の3球団で4番を打った野球評論家の広澤克実氏である。

「社会へ出て仕事をしてきているので、プロの厳しさについて理解もあるし、社交性や協調性もある。またメジャー志向の選手にとっては、その“語学力”が頼りになる」

 メジャー16年目の今年、メジャー3000本安打を達成したイチローの妻は元TBSアナウンサーの福島弓子だ。

「イチロー選手の好物であるカレーを毎朝作っているのは有名な話。野菜嫌いの夫のために工夫を凝らし、試合時間から逆算して食事を準備している。さらに、英語力を駆使してイチロー選手がこれまで稼いだ300億円ともいわれる資産の管理会社まで運営している」(福島の知人)

 メジャー移籍が“秒読み”段階に入ったといわれている大谷にとっては、女子アナという選択は意外と“アリ”なのかもしれない。

 ちなみに、前述したアンケートでは、日本テレビの水卜麻美アナ(29)、元フジのカトパンこと加藤綾子(31)、テレビ朝日の宇賀なつみ(30)らを“嫁候補”に推薦する声が上がった。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
粒ぞろいの女子アナ達の中でも美しさ目立つ日テレ徳島えりか
フジTV本田朋子アナが阿部慎之助に向けたとびっきりスマイル
WBC取材のTBS出水麻衣アナ 笑顔で送る熱視線の先には?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP