ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

円楽の息子・三遊亭一太郎「落語はあくまで声優業のため」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「落語はあくまで声優業に役立てるためのもの」と語るのは、三遊亭円楽の長男・三遊亭楽太郎(28才)。

 声優としての幅を広げるために、父親に弟子入りして修業の末、二ツ目に昇進。ただ、声優兼落語家が足かせになる場合もあるという。

「笑いに関して求められるハードルが上がりました。先輩役者から急に『笑いをとれ』と無茶ぶりをされるのが今の悩みです(笑い)」

【プロフィール】
三遊亭一太郎/さんゆうてい・いちたろう。1987年11月12日生まれ、東京都出身。2008年に「会一太郎」の名前で「青二プロダクション」から声優デビュー。2009年に父の六代目三遊亭円楽に入門。2012年に二ツ目昇進。今年8月に声優の佐々木愛と結婚。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
三遊亭鳳楽 独特のリズムでまったりとした空気感を醸し出す
三遊亭円楽「放任主義の母ちゃんが持ってきた真打のご祝儀」
自虐的落語家三遊亭天どん ネタがスベると「ほらウケない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP