ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高橋ジョージ「元妻のSNSは玉手箱。開けたら最後」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『長年連れ添った妻と離婚して孤独な老後を迎えないための授業』。10月31日放送の『しくじり先生』(テレビ朝日系)はこんなテーマで始まった。講師として教壇に立ったのは、高橋ジョージ(58才)。1999年に元妻の三船美佳(34才)と結婚、“モラハラ騒動”の末、今年3月に泥沼離婚するまでの軌跡を、涙ながらに振り返ったのだが、あまりのぶっちゃけトークの連続に、「よくここまでしゃべったなぁ」と番組スタッフも驚く事態になっている。

 代表曲『ロード』以降ヒット曲が出ず“専業主夫”状態に陥っていたというジョージだが、転機が訪れたのは2004年。夫婦共演のバラエティー番組のオファーが舞い込んだことだった。番組のテーマは家族旅行。当時、三船は長女(12才)を妊娠中で、久々の仕事にジョージは奮闘した。三船のお腹に向かってハーモニカを吹く“パパ”の姿には、視聴者以上に業界人が仰天。

「“あのロック歌手がこんなことを!”って。そもそもジョージさん自体久々に見たわけで、従来のイメージを壊す姿は新鮮でした。こりゃウケるな、と各局のバラエティー班がオファーしまくる事態になったんです」(テレビ関係者)

 以降、ジョージの勘違いが炸裂。夫婦仲は急速に冷えていったという。

「収録後にお疲れ様でしたって車に乗りますよね。彼女は寝たいのに、“あ、ちょっと細かいところなんだけど、さっきのあれって違うよな。あのリアクションは違う。早い”とか。よかれと思って毎回こんなことしちゃいました。バラエティー的には彼女の方が大先輩なのに、おれが後からきて説教してるみたいな」

 番組内でそう述懐したジョージ。自分の言動に耐えかねた三船が家を出たのが2013年のクリスマスだったこと、飼い始めたばかりのトイプードルも連れて行かれたと明かし、出演者の失笑を買った。

 以後、離婚協議と“モラハラ騒動”がメディアを騒がせたのは記憶に新しいが、視聴者、とりわけ女性をドン引きさせたのが、ジョージの次の発言だった。

「強烈にしつこいおれは、こんな行動に出ました。『彼女のSNSをチェック』。彼女がどうかってことより、SNSを見ると娘が出てるんですよ。そうすると娘の成長を見たい、っていう。男はね、どうしても見ちゃうんです」

 ジョージは同月20日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でも「SNSを見たら犬の名前が変わっていた。ダメージが大きかった」と告白している。さらにジョージは番組内で、「元妻のSNSは玉手箱だ」とし、その心を次のように説いた。

「開けたくなるけど、開けたら最後。ぐっと老けます」

 現在、ジョージと三船は財産分与を巡る調停の真っ最中。

「夫婦時代に住んでいた自宅を巡って起こしたものです。離婚調停では“一日も早く別れる”ことを優先するため、慰謝料も養育費も放棄した三船さんですが、ジョージさんの自宅のローンをいまだ払い続けている現状はおかしい、と。本来、法定相続分として、彼女は不動産価格の2分の1を取れますからね。ジョージさんは未練タラタラですが、三船さんにとっては完全に過去の人です」(夫婦を知る芸能関係者)

 離婚後、孤独死の恐怖に苛まれ、風呂に入るのも怖いというジョージ。番組内では、「特に、子供に会えない寂しさは想像を絶します」と泣きながら告白。

 一方の三船は同番組の放送中、SNSにハロウィン風のパイナップル写真をアップし、《笑いの絶えない家族の時間。かけがえのない空間》と書いた。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
三船美佳 別居前に他の男性とデートする姿目撃されていた
三船美佳 離婚裁判中の高橋ジョージの突然訪問で引っ越しする
三船美佳の弁護士が説明 高橋ジョージの見解は「誤解招く」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP