ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ランクインして当たり前」SMAP25周年アルバムの思い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAPの25周年記念ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』(12月21日発売予定)に収録される50曲が11月3日に発表された。ファン投票で選ばれたこれらの収録曲。『世界に一つだけの花』が12位となり、トップ10にはあまりなじみのない曲が並ぶ。以下が、ファン投票ベスト10だ。

【第1位】
「STAY」
2006.7.26リリース アルバム『Pop Up! SMAP』収録

【第2位】
「オレンジ」
2000.8.30リリース シングル『らいおんハート』 c/w

【第3位】
「BEST FRIEND」
1992.7.8リリース シングル『負けるなBaby!~Never give up』c/w

【第4位】
「オリジナル スマイル」
1994.6.6リリース シングル

【第5位】
「CRAZY FIVE」
2012.8.8リリース アルバム『GIFT of SMAP』収録

【第6位】
「FIVE RESPECT」
2002.7.24リリース アルバム『SMAP015 / Drink! Smap!』収録

【第7位】
「どうしても君がいい」
1993.9.9リリース シングル『君は君だよ』 c/w

【第8位】
「チョモランマの唄」
CD未収録 「SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour」

【第9位】
「A Song For Your Love」
2003.6.25リリース アルバム『SMAP016 / MIJ』収録

【第10位】
「ありがとう」
2006.10.11リリース シングル)

 とりわけ1位に選ばれた『STAY』には、ファンも格別な想いがある。

「当然の結果というか、SMAPファンでこれを選ばないとかありえません。すれ違いや争いもあるけれど、みんなで手を繋いで乗り越えていこう…っていう歌なんです。今のSMAPに完璧に重なる歌詞です」(40代ファン)

 SMAPの解散発表以降、『世界で一つだけの花』のCD購入運動が起きたように、今回の『STAY』への投票は、ファンからメンバーへの“最後のメッセージ”なのだという。

「ファンの間では“STAY返し”と呼ばれています。今は気持ちがバラバラになっているかもしれないけど、共に生きてきた25年間が、いつかきっとメンバーをまた結びつける。私たちはみな5人の絆を信じている。その想いを届けたいんです」(30代ファン)

 長年SMAPを支えてきたファンはベスト10のラインナップを見て、「どれもランクインして当たり前」という。

「3位の『BEST FRIEND』はもう聞いただけで涙が…。森(且行)くんが『スマスマ』最後の出演で中居くんと嗚咽しながらこの歌を歌ったのが最初の思い出。2013年の“SMAP5人旅”では、中居クンが“10人かかってきても、おれ絶対SMAPを守るよ”って泣きながらこの曲を歌ったんです。今でも忘れられない」(40代ファン)

「『オリジナル スマイル』はSMAPが初めてレギュラーとして出演した番組のテーマ曲でした。ジャニーズのお荷物だった彼らが1人1人の個性を発揮し始めた番組です。この歌を歌うSMAPの笑顔が目に焼きついています」(40代ファン)

「『CRAZY FIVE』は歌詞にメンバーの特徴が並んでいて、ファンが大好きな曲。“五つの星屑 くじけそうでも拳を上げろ 皆が迷わぬように”っていう歌詞があって、今のSMAPにいちばん届けたいメッセージが入ってるから、迷わず投票しました」(50代ファン)

 8位『チョモランマの唄』は、アルバムにも収録されていない隠れた名曲だ。

「2008年のコンサートの時にライブ映像として初めて使われた曲です。慎吾くんが初めてプロデュースしたライブで、あのカッコよさはファンにとって本当に衝撃でした。それにこの曲はCD化されてないから、もしベストアルバムに入るなら5人が揃ってレコーディングするんじゃないかっていう淡い期待もあるんです」(30代ファン)

「SMAPの良さはアイドルアイドルしてないところ。独特なメロディーもSMAPだからできたと思う。“辛き時こそ笑え 怒れる時こそ笑え”ってこの歌詞を聞いてると、どんなつらいこともばかばかしくなって笑えてくる。いつも勇気をもらってます」(50代ファン)

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
酒井法子がミニアルバムを発売 白のドレスを身につけ熱唱
前田敦子がファーストアルバム発売でフリーライブ、2曲熱唱
「超新星」のユナク「撮影に向けSK-IIでお手入れ中」と告白

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP