体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

楽天森さんとMicrosoft澤さんが語った、AI活用とセキュリティ研究最前線──楽天クリムゾンハウス・ツアーレポートも!

ユーザーがコンテンツをカスタマイズできるデジタルサイネージ

前回の対談は、品川のマイクロソフトテクノロジーセンターを楽天技術研究所の森氏が訪れたが、今回は二子玉川の楽天クリムゾンハウスを澤氏が訪問する形で行われた。

楽天クリムゾンハウスは楽天グループの新たなグローバル拠点。楽天技術研究所もそこに本拠を置いている。初めてクリムゾンハウスにやってきた澤氏を迎えるのは、1階フロアの壁に映し出された「WallSHOP」。

ディスプレイ上に楽天市場で人気の商品を表示。ユーザー自身がコンテンツをカスタマイズできるデジタルサイネージだ。

ディスプレイと通りがかりの人のスマホを連動させることができ、もう少し詳しい商品情報を知りたいときには、スマホの画面をタップするだけで、スマホ側に商品ページを開くことができる。HTML5, WebSocket, Node.js 等 一般的な技術のみで構築され、専用アプリのダウンロードを必要としない。

これも楽天技術研究所の研究の一つであり、IoT時代に向けて、パブリック空間に設置されるデジタルサイネージとプライベート端末であるスマホの連携の重要性を唱えている。

デジタルサイネージ技術は何を実現するのか

:これを発展させたのがパリーグの東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地、楽天Koboスタジアム宮城で今年の開幕戦から展開されている「DYNAMITE BOAT RACE Inning」です。

野球場でなんでボートレースっていう話もあるんですが(笑)、観客がユーザ個人のスマートフォンに現れる応援ボタンを連打することで、レースの着順を競うというイベント。今年のデジタルサイネージアワードで2つの賞をいただきました。

サーバーはMicrosoft Azureを使っていて、Azureのスケーラビリティがあればこそ実現したサービスです。

:それは、ありがとうございます(笑)。

:楽天では、デジタルサイネージをリアルの世界とネット上のサービスのインタラクションを高めるタッチポイントとしてとらえ、、活用しようとしています。楽天技術研究所が提唱している「サード・リアリティ」と呼ばれるコンセプトの一部ですね。

楽天技術研究所はこのサード・リアリティを実現するためのものとして、3つの研究領域をおいています。ハイパフォーマンスコンピューティングの実現を目指す「パワー」領域、人工知能を使った自然言語処理(NLP)やデータマイニングを研究する「インテリジェンス」という領域。

そして、ユーザーとサービスのインタラクションやユーザーの技術環境について研究する「リアリティ」、それらを踏まえて「サード・リアリティ」がより実現してく基盤が整うと考えています。

ロマネ・コンティから金仏壇まで。的確な商品分類をする自然言語処理

:私たちは最初はインテリジェンス領域から研究を始めました。

それがいま楽天のサービスにどんな風に活かされているかというと、例えば楽天には4万店・2億アイテムにも及ぶ商品が出品されているわけです。

ただ商品説明は店舗さんにお任せしているので、ワインの「ロマネ・コンティ」一つとってもきわめて多彩な売り方がそれぞれ行われ、多様性にあふれています。

1 2 3 4 5 6次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。