ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC Viveをワイヤレスにするアップグレードキットが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のTPCAST社は、PC向けヘッドマウントディスプレイHTC Viveをワイヤレスで使用するためのアップグレードキットを発表しました。PCに送信機を取り付け、HTC Viveのヘッドセットに受信機と電源ボックスを装着して使用します。

HTC Vive最大の課題「ケーブル」

HTC Viveは最大3m×4mを自由に動き回ることのできるルームスケールが特徴で、高い没入感を実現していますが、PCと接続するケーブルが最大の課題となっています。

今回のアップグレードキットは、HTCオフィシャルのものではなく、サードパーティ製のアップグレードキットとなります。TPCAST社はHTCが行っているアクセラレーション・プログラムVive Xに参加しています。

VRヘッドマウントディスプレイで人間が違和感を感じないラインは20ms(ミリ秒)。独自の無線技術により、87.3Mbpsという高速転送を行い、遅延を15msにおさえるとしています。連続駆動時間は720時間。

公表されている外観は以下の通り。最終製品の外見は変更になる可能性があるとのこと。


ヘッドセットに受信機を取り付けた図


送信機のイメージ

11月11日時点では、中国のHTC Vive公式サイトにて予約受付を開始しています。価格は1,499元(約23,500円)。発送時期は2017年第1四半期とされています。

ケーブルの懸念なくハイエンドなVRヘッドマウントディスプレイをワイヤレスで実現するための取組が進みつつあります。Oculusは、PCとの接続を行わないスタンドアローン型デバイスSanta Cruzを開発中です。

(参考)
http://www.vive.com/cn/accessory/tpcast/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP