ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「くるりの20回転」コメント企画第10弾、妻夫木聡が「ハイウェイ」を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

くるりの結成20周年記念オールタイムベストアルバム「くるりの20回転」リリース記念企画として、スペシャルサイトで行われている「わたしにとってのくるり」。この企画の第10弾として、俳優・妻夫木聡よりコメントが到着した。

この企画はオールタイムベスト「くるりの20回転」リリースを記念し、くるりに縁のある方々からビデオコメントを紹介していく企画。これまでに又吉直樹(ピース)、フルカワミキ、岡崎体育、小田和正、吉岡里帆、是枝裕和監督、ブラッド・エルドレッド(広島東洋カープ)選手、京急電鉄品川駅、モリタミュージック(福島県相馬市)よりコメントをもらい、それぞれ「東京」「ばらの花」「琥珀色の街、上海蟹の朝」「JUBILEE」「Liberty&Gravity」「Remember me」「ロックンロール」「赤い電車」「最後のメリークリスマス」を紹介している。

新たにコメントを届けてくれたのは俳優の妻夫木聡。2003年に公開された犬童一心監督による映画『ジョゼと虎と魚たち』で妻夫木が主演をつとめ、くるりが主題歌「ハイウェイ」を書き下ろし、また同映画の劇伴も制作した。

くるりの20回転スペシャルサイト
http://www.quruli.net/20th/

くるり – 「ハイウェイ」 〜わたしにとってのくるり〜 妻夫木聡

関連リンク

くるり オフィシャルサイトhttp://www.quruli.net/
■くるり FANCLUBhttps://note.mu/quruli

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP