ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不思議がいっぱい!中東ヨルダンのおすすめ観光スポット16選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気の世界遺産「ペトラ遺跡」や、浮遊体験ができる「死海」など、不思議な魅力がいっぱいの中東の王国ヨルダン。その中でも、ぜひ訪れてほしい観光スポットをご紹介します!

 

ヨルダン南部

1.ペトラ遺跡

photo by shutterstock

photo by shutterstock

映画インディージョーンズの舞台にもなった中東を代表する大遺跡「ペトラ遺跡」。「失われた都市」とも呼ばれているペトラには私も実際訪れましたが、これを見なければヨルダンに来た意味がないほど素晴らしい世界遺産です。

まさに「バラ色の古代都市遺跡」という言葉通り!「失われた都」ペトラのハイライト「エル・ハズネ(宝物殿)」にたどり着くまで、岩と岩に挟まれた曲がりくねった細い「シク」を行くわけですが、馬車が通ったり、地層のグラデーションを眺めたりと、道のり全てが美しく雄大です。
■詳細情報
・名称:ペトラ
・住所:Wadi, Musa, Petra
・アクセス:アンマンからバスで3時間ほど。もしくはタクシーをチャーター。
・営業時間:06:00~18:00(夏季)、06:00~16:00(冬季)
・定休日:無し
・電話番号: +962-6-569-6151
・料金:50JOD(最低価格)
・所要時間:1~5日(最短3h)
・オススメの時期:春、秋(早朝~がベスト)
・公式サイトURL:http://visitpetra.jo/

2.シク・アル・バリド(リトル・ペトラ)

photo by pixta

宝仏殿や僧院等が多いナバテア人の聖地、または交易都市として栄えたペトラに対して、「シク・アル・バリド」はナバテア人の居住区やキャラバンの宿として使われていました。
■詳細情報
・名称:little petra
・住所:Wadi, Musa, Petra
・アクセス:ペトラのバスステーションから北に9km程、ツアーかタクシー利用が一般的
・営業時間:不明
・定休日:無し
・電話番号:無し
・料金:無し
・所要時間:1~2時間
・オススメの時期:春、秋
・公式サイトURL:無し

 

3.ペトラ考古学博物館 (ペトラ洞窟博物館)

photo by pixta

新石器時代の食料加工、エドム人の陶器やナバテア人の彫刻、ベイダの新石器時代の集落、 ナバテア人の交易など、ペトラの歴史を深く知る事ができます。宝飾品、ランプ、青銅の小像、テラコッタの小立像、陶器、貨幣などのさまざまな工芸品も展示されています。
■詳細情報
・名称:ペトラ考古学博物館 (ペトラ洞窟博物館)
・住所:Petra Archaeological Museum (Petra Cave museum)
・アクセス:ペトラ遺跡内
・営業時間:8:00-16:00
・料金:無料
・所要時間:1〜2時間
・オススメの時期:春、秋

 

4.ワディ・ラム保護区

photo by pixta

アラビアのロレンスの地としても有名な世界遺産「ワディ・ラム」は、別名「月の谷」とも呼ばれる有名な砂漠地帯です。

赤茶色の砂漠と巨大な岩石が創り出す壮大な世界、カザリ渓谷やロレンスの泉、碑文に砂丘など見所満載。先住民によって描かれた、貴重な岩絵も必見ですよ。
■詳細情報
・名称:ワディ・ラム保護区
・住所:Wadi Rum, Jordan
・アクセス:ぺトラ遺跡のあるワディムーサからバスで約2時間/ 観光はツアーに参加
・所要時間:日帰り〜1泊2日
・オススメの時期:春、秋

 

ヨルダン中部

5.死海

photo by pixta

「死海」は塩分濃度が高いため体が海面に自然に浮かぶという、とっても不思議な湖です。浮き輪もなく水に浮かびながら本を読むという、面白い体験ができますよ。歴史も古く、海面下392メートルと、地球上では最も低い土地にあることでも有名です。

ここに来たら、死海沿岸のミネラルたっぷりの泥をペタペタ塗って無料の全身泥パックを楽しみましょう。お肌がスベスベになりますよ!
■詳細情報
・名称:死海
・住所:Dead Sea
・アクセス:アンマンから死海へ車で 1 時間以内(ツアーあり)
・所要時間:1時間以上
・オススメの時期:春、秋

 

6.マイン温泉

photo by pixta

死海を訪れるなら立ち寄ってほしいのが、海面下260mにあるマイン温泉。歴史も深く、ヘロデ大王も治癒によく通っていたそうです。砂漠のオアシス的な温泉で旅の疲れを癒してみてはいかがでしょう。
■詳細情報
・名称:マイン温泉
・住所:Ma’in, Ma’in 17173
・アクセス:死海エリア。アンマンから死海へ車で 1 時間以内
・料金:15JOD
・所要時間:1時間以上
・オススメの時期:春、秋

 

7.セント・ジョージ教会

photo by pixta

「モザイクの町」として知られる「マダバ」は、首都アンマンから50分ほど、死海の東にあります。6 世紀に作られた、有名なエルサレムと聖地パレスチナのモザイク地図は必見です!
■詳細情報
・名称:セント・ジョージ教会
・住所:1140, Madaba, Jordan 17110
・アクセス:マダバのインフォメーションから西へ徒歩5分
・営業時間:8:00~18:00
・電話番号:+ 962 5 3240723
・料金:1JD
・所要時間:1~2時間
・オススメの時期:春、秋

 

8.ネボ山

photo by pixta

マダバから10kmにある、ヨルダンの重要な聖地「ネボ山」。旧約聖書に出てくるモーセが「約束の地」を見下ろしながら息をひきとったという山ですので、ここに来たならエルサレムや死海を見下ろす景観を是非眺めてみてください。
■詳細情報
・名称:ネボ山
・住所:10km/6 mi NW of Madaba
・アクセス:マダバ市街から西へ10Km。タクシーで移動
・営業時間:8:00~17:00
・定休日:なし
・電話番号:+962 7 7654 2056
・料金:1JD
・所要時間:1〜2時間
・オススメの時期:春、秋

 

9.カラク城

photo by pixta

カラクは旧約聖書に「キル」という名前で出てくる歴史的な町です。かつて、十字軍国家の一つ・エルサレム王国の一部で、十字軍の建てた巨大な城塞の遺跡が有名です。
■詳細情報
・名称:カラク城
・住所:Kerak
・アクセス:アンマンから車で3時間ほど
・所要時間:1〜2時間
・オススメの時期:春、秋

 

10.ダナ自然保護区

photo by pixta

自然の宝庫「ダナ」は、ヨルダン最大の自然保護区です。英国ではヨルダンといえばダナと言われるほどで、アイベックスなど、希少な野生動物たちや、300種の野鳥が生息。奇岩も見られ、自然の雄大さと神秘を体感できます。
■詳細情報
・名称:ダナ自然保護区
・住所:Dana Biosphere Reserve, Unnamed 0, Tafila
・アクセス:ペトラから車で1時間ほど
・所要時間:1日
・オススメの時期:春、秋

 

ヨルダン北部

11.ウムカイス考古学博物館

photo by pixta

アンマンから北へ2時間ほどにある、新約聖書にも出てくる、デカポリスの一つ「ウムカイス」。古代ギリシャ、ローマ時代の都市遺跡が見られます。ウムカイス考古学博物館には、ヘレニズム時代からイスラム時代までのさまざまな陶器や、ウムカイスの墓からの発掘品が展示されています。

■詳細情報
・名称:ウムカイス考古学博物館
・住所:Irbid, Umm Qais 21986
・アクセス:アンマンから車で2時間
・電話番号:+962 7 7708 5343
・所要時間:1〜2時間
・オススメの時期:春、秋
・公式サイトURL:http://www.doa.gov.jo/En/inside.php?src=sublinks&SlID=5161&MlID=5

 

12.ジェラシュ遺跡

photo by pixta

無名ですがヨルダンではペトラに次ぐ巨大遺跡「ジェラシュ」。6500年前の古代ローマ時代の街並みをほぼ完全に残している大変貴重な遺跡です。南の劇場、ゼウス神殿、アルテミス宣伝、聖コスマス・ダミアヌス教会のモザイク、そして何と言っても街道に並ぶ列柱の景色が見事で、見所満載です!
■詳細情報
・名称:ジェラシュ遺跡
・住所:Wasfi At-Tal, Jarash
・アクセス:アンマンからバスで北へ1時間ほど
・営業時間:8時~18時
・料金:8JD
・所要時間:半日
・オススメの時期:春、秋

 

13.アムラ城

photo by pixta

世界遺産である「アムラ城」は原型のままの姿を残す、ウマイヤ朝時代の城跡遺跡です。もともとは、浴場施設として使われていて、王族の息抜きの場所だったそうです。ここでは内部に注目。フレスコ技法で描かれた天体や動物など多くの壁画は必見ですよ。アムラ城、アズラック城、ハラナ城は「砂漠の城」として有名です。
■詳細情報
・名称:アムラ城
・住所:Eastern desert – Az Zarqa’ Governorate
・アクセス:アンマンから東へ約80km。レンタカー、タクシー、ツアーで相談
・料金:1JD
・所要時間:1時間以内
・オススメの時期:春、秋
・公式サイトURL:http://whc.unesco.org/en/list/327/

 

14.アズラック城

photo by pixta

「アズラック城」は東ローマ帝国〜ウマイヤ朝〜マムルーク朝まで利用されていた城塞跡。第一次世界大戦中はアラビアのロレンス(T=E=ローレンス)の拠点として使われていました。
■詳細情報
・名称:アズラック城
・住所:Azraq
・アクセス:アムラ城から車で10分ほど
・営業時間:8時~18時
・所要時間:1時間以内
・オススメの時期:春、秋

 

15.ハラナ城

photo by pixta

宮殿なのか要塞なのか、未だ謎に包まれている「ハラナ城」。1辺が35mの正方形のこのお城は「砂漠の城」のイメージそのものです。
■詳細情報
・名称:ハラナ城
・住所:Amman Governorate
・アクセス:アンマンから車で60kmほど
・所要時間:1時間以内
・オススメの時期:春、秋

 

16.アンマン

photo by pixta

ヨルダンの首都アンマンは、新しさと古さがミックスされた魅力的な都市です。中心街にはオシャレなカフェや美術館、ショッピングスポットやホテルなどが集まり、多くの人で賑わっています。
■詳細情報
・名称:アンマン
・住所:Amman

・アクセス:クイーンアリア国際空港からアンマン市内までバスやタクシーで1〜2時間
・所要時間:3時間〜1日
・オススメの時期:春、秋

 

いかがでしたか?

ヨルダンは、一年を通して旅行しやすい国ですが、ベストシーズンは気候が落ち着く春から秋です。不思議いっぱい、遺跡いっぱいのヨルダンは、世界遺産好きな方にはとってもオススメ。是非じっくり回ってアラビアの歴史とロマンを楽しんでくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

新・世界七不思議「ペトラ遺跡」を含む、「ヨルダン」の世界遺産まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。