体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不思議がいっぱい!中東ヨルダンのおすすめ観光スポット16選

人気の世界遺産「ペトラ遺跡」や、浮遊体験ができる「死海」など、不思議な魅力がいっぱいの中東の王国ヨルダン。その中でも、ぜひ訪れてほしい観光スポットをご紹介します!

 

ヨルダン南部

1.ペトラ遺跡

ペトラ遺跡

photo by shutterstock

ペトラ遺跡

photo by shutterstock

映画インディージョーンズの舞台にもなった中東を代表する大遺跡「ペトラ遺跡」。「失われた都市」とも呼ばれているペトラには私も実際訪れましたが、これを見なければヨルダンに来た意味がないほど素晴らしい世界遺産です。

まさに「バラ色の古代都市遺跡」という言葉通り!「失われた都」ペトラのハイライト「エル・ハズネ(宝物殿)」にたどり着くまで、岩と岩に挟まれた曲がりくねった細い「シク」を行くわけですが、馬車が通ったり、地層のグラデーションを眺めたりと、道のり全てが美しく雄大です。
■詳細情報
・名称:ペトラ
・住所:Wadi, Musa, Petra
・アクセス:アンマンからバスで3時間ほど。もしくはタクシーをチャーター。
・営業時間:06:00~18:00(夏季)、06:00~16:00(冬季)
・定休日:無し
・電話番号: +962-6-569-6151
・料金:50JOD(最低価格)
・所要時間:1~5日(最短3h)
・オススメの時期:春、秋(早朝~がベスト)
・公式サイトURL:http://visitpetra.jo/

2.シク・アル・バリド(リトル・ペトラ)

シク・アル・バリド(リトル・ペトラ)

photo by pixta

宝仏殿や僧院等が多いナバテア人の聖地、または交易都市として栄えたペトラに対して、「シク・アル・バリド」はナバテア人の居住区やキャラバンの宿として使われていました。
■詳細情報
・名称:little petra
・住所:Wadi, Musa, Petra
・アクセス:ペトラのバスステーションから北に9km程、ツアーかタクシー利用が一般的
・営業時間:不明
・定休日:無し
・電話番号:無し
・料金:無し
・所要時間:1~2時間
・オススメの時期:春、秋
・公式サイトURL:無し

 

3.ペトラ考古学博物館 (ペトラ洞窟博物館)

ペトラ考古学博物館 (ペトラ洞窟博物館)

photo by pixta

新石器時代の食料加工、エドム人の陶器やナバテア人の彫刻、ベイダの新石器時代の集落、 ナバテア人の交易など、ペトラの歴史を深く知る事ができます。宝飾品、ランプ、青銅の小像、テラコッタの小立像、陶器、貨幣などのさまざまな工芸品も展示されています。
■詳細情報
・名称:ペトラ考古学博物館 (ペトラ洞窟博物館)
・住所:Petra Archaeological Museum (Petra Cave museum)
・アクセス:ペトラ遺跡内
・営業時間:8:00-16:00
・料金:無料
・所要時間:1〜2時間
・オススメの時期:春、秋

 

4.ワディ・ラム保護区

ワディ・ラム保護区
1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。