ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネット騒然! イケメン俳優・本郷奏多のドラマ最新作、舞台はなんとラブホテル

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 突然ですが、『ラブホの上野さん』(KADOKAWA刊)という漫画をご存知ですか?

 同作は、五反田のラブホテルで働く上野さんを主人公に、悩める男女へ恋のアドバイスをしてラブホテル・五反田キングダムへと導く恋愛指南コメディ。Twitterで人気のラブホスタッフ上野さん(@meguro_staff)が原案を務め、その論理的でユーモアに満ちた恋愛指南が的確すぎると、悩み多き若者たちの熱い支持を集めています。

 すでに実写ドラマ化が発表されていましたが、今月5日、同作を連載する月刊コミックフラッパー12月号で、ドラマ「ラブホの上野さん」の主演・本郷奏多さんが上野さんに扮したビジュアルが掲載されるや、Twitter上で瞬く間に話題に。

 「なにこれ絶対見る」
 「この奏多の表情さいこ~罵ってほしい~~」
 「配役が完璧すぎる」
 「これは期待、熱く期待。」
 「この星に生まれてきてよかった」
 「あぁぁぁ、むり。かなたきゅんむり。 ほんと、やだ〜すごくやだ〜みる♡♡♡♡」

 など、Sキャラである上野さんそのままの見下しポーズに期待感あふれるツイートが飛び交いました。また、碇シンジ役で有名な声優・緒方恵美さんや、ホリエモンこと堀江貴文さんもツイート。注目度の高さを物語っています。


 本郷奏多さんと言えば、「テニスの王子様」越前リョーマ役、「NANA2」岡崎真一(シン) 役、「GANTZ」西丈一郎役、「進撃の巨人」アルミン役、「アカギ」赤木しげる役など、映画やテレビドラマで漫画原作の作品に数多く出演し、その中で強く印象に残る演技を披露してきました。

 そのせいか、作品愛ゆえ実写化にネガティブな反応を起こすこともあるディープな漫画ファンの間でも「安定の実写化俳優」と太鼓判。俄然期待が高まります。

 ドラマは12月1日からFOD(フジテレビオンデマンド)にて毎週木曜日に最新話を先行配信、地上波での放送は2017年1月期毎週水曜日深夜を予定しているとのこと。

 興味のある方は原作コミックス(現在1~4巻まで刊行中)もチェックしてみては?

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: KADOKAWAの中の人) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP