ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オシャレ空間を演出!空中浮遊ライト「Lightest」はシェードのカスタマイズも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空中に浮遊しながら光る、まるでマジックのようなライト「Lightest」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

ふわっと空中に静止させたまま、あるいは回転させながら明かりを灯すことができるというもの。オリジナルのシェードを使えばさらにオシャレ空間を演出できそうだ。

・450グラムまでなら浮遊

空中浮遊ライトは以前Flyteを紹介したが、原理はLightestも一緒。台座の部分と、ライト側の両方に磁石が埋め込まれていて、それらが反発してライトが浮遊する。浮遊すると同時に電気がワイヤレスで流れ、ライトが灯る仕組みだ。

しかし、LightestとFlyteには大きく2つの違いがある。1つはLightestではランプシェードの取り外しが可能ということ。デザインの心得がある人は、自分のイメージでシェードを3Dプリンターなどで作って使うといいだろう。

ちなみに、浮遊させるには重さ制限があり、450グラムまでなら大丈夫。また、人形などの飾り物にマグネットをつけると、こちらも台座の上に浮くので、ランプとしてだけでなくインテリアとして活用してもよさそう。

・コードレスで6時間灯る!

もう1つの違いは、Lightestの台座部分にはバッテリーが埋め込まれていること。

これにより、台座をコードでつながなくても明かりをともすことが可能で、コンセントのない屋外などでも使える。バッテリーは最大6時間持続する。

パーティーなどで使えば話題となること間違いなしのこのランプ、今ならKickstarterで140ユーロ(約1万6000円)〜となっている。資金調達に成功すれば、来年2月にも発送が始まる見込みだ。出資期限は12月11日まで。

Lightest/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2697748/video-719820-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP