ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エイベックス、平成29年3月期第2四半期決算を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エイベックス・グループ・ホールディングスは11月10日、平成29年3月期第2四半期決算を発表した。

第2四半期連結累計期間の業績は、映像ソフト作品の販売及びライヴ動員数が増加したこと等により、売上高は756億48百万円(前年同期比10.3%増)、映像配信の費用を効率的に執行したこと等により、営業利益は29億67百万円(同110.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は6億72百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失3億8百万円)となった。

また、平成29年3月期通期の連結業績予想については、平成28年5月11日に公表した「平成28年3月期決算短信」の予想から変更がない。

音楽事業は、音楽パッケージの売上が減少したこと等により、売上高は237億83百万円(前年同期比4.1%減)、営業利益は1億93百万円(同87.8%減)で減収減益となった。

映像事業は、映像パッケージにおいて利益率の高い作品の販売が好調だったことに加え、映像配信の販促宣伝費が減少したこと等により、売上高は228億4百万円(前年同期比18.8%増)、営業利益は20億81百万円で増収増益となった。

マネジメント/ライヴ事業は、主にライヴに関連する売上が増加したことにより、売上高は302億38百万円(前年同期比14.4%増)、営業利益は11億1百万円(同25.5%減)で増収となった。

関連リンク

■エイベックスhttp://www.avex.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP