ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すべり過ぎて警察に逮捕されたお笑い芸人とは!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

お笑い界には「永野」がそうであったように、地上波には到底出すことが出来ないヤバさを持った「地下芸人」と呼ばれる芸人たちが存在する。今回、サンミュージック所属のお笑い芸人「Gたかし」さんが教えてくれたのは、「チャンス大城」をも超える地下芸人「ゆきおとこ」さんにまつわる仰天エピソードだった。

お笑い芸人界で一番有名な伝説

単独ライブですべり過ぎて警察を呼ばれた」という逸話を持つというゆきおとこ。なんでも、あまりにも単独ライブがウケなかったらしく、見に来ていたお客さんのひとりが怒ってしまい、会場から出て「新宿でちょっと怪しい集会が始まってます」と通報してしまったのだそう。

 

通報を受けてライブ会場に入ってきた警察官。そこで「いやいや、違うんです」と答えれば何も問題はなかったのだが、ゆきおとこは、後輩の誰かがサプライズで仕込んだ「警官コント」が始まったと思ったのだそう。「あ、警官コントが始まったな」と思い、「ここで何してるんですか?」と尋ねてきた警官に「いやいや、俺ヤクザだけど、あんたこそ何だよ?」「俺はヤクザだけど、あんた何?」と言い放った。当然、ヤバい人と認定され、ライブは一時中断。そのまま署へと連行されたのだという………

男は黙って時短

R-1グランプリの1回戦に出場したゆきおとこ。1回戦はネタの持ち時間が2分と決まっていて、普段のライブでは3分や4分のネタをやっている中で、2分という縛りの中で頑張らざるを得ない。若手たちは本番前に輪になり、「ネタどうする?」という作戦会議を行っていた。

 

ここ切ったら成立しないしなあ」「うーん、でもなあ、こことここがないと」「難しいなあ、2分って」と会話をしていたら、その輪にばーんと割って入ってきたのが、ゆきおとこ。「お前ら!何ちいせえことガタガタと言ってんだ」「芸人が3分だとか2分だとか、そんなことウジウジ言ってんじゃねえ」「俺の出番を見とけ」と言って控室を出て行き、そのままネタが始まった。

 

すると、ゆきおとこは「普段は3分でやってる漫談を、早口で2分で終わらせた」のだそう。Gたかしさん曰く「早過ぎて、全然聞き取れなかった」らしく、何事もなく一回戦で落ちてしまった

ポストのP

つい先日、7年ぶりにゆきおとこと一緒のライブに出たGたかしさん。ゆきおとこは「ちょっと粋な江戸っ子」である為「何でも略して単語言う」癖があるのだそう。「今日、おれの知り合いの局のやつ、局の人間見に来てっから」と控室で豪語したゆきおとこの影響で、同じライブに出ている若手が、急遽ネタを差し替えて、鉄板ネタをやり始めた。テレビ局のプロデューサーさん、ディレクターさんに「ちゃんといいネタを見せなきゃ」と慌てて、新ネタから鉄板ネタへと差し替えた。ところが、よくよく見たら、その局の人間とは、ゆきおとこがアルバイトしてる郵便「局」の同僚の人だった。

 

局の人間」が見に来てると言えば、普通はテレビ局だと思ってしまう。だが実際は、プロデューサーのPではなく、ポストのPだったというのだ………

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。