ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

界面活性剤って本当に悪者?4種類ある成分の特徴とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


“「界面活性剤」って一体何のためにあるの?そしてどんな種類があってどんな役割をしているんだう…?”そんな小さな疑問を感じているあなたへ、今回はちょっぴりマニアックな豆知識をご紹介したいと思います!

そもそも界面活性剤ってなに?

まずは根本的な疑問についてみていきましょう。一時期「界面活性剤は良くない!」というようなイメージがついた時期があったように感じます。

しかし、界面活性剤というのは水と油をくっつける働きをしているもの。普通なら分離してしまう2つの要素を、仲良くしてくれるんですよね。

一般的に販売されている化粧品やシャンプーリンス、ボディソープなどは、ほとんどと言って良いほど界面活性剤が入っています。「界面活性剤」がないと、商品が作れないと言っても過言ではないでしょう。

しかしその界面活性剤の中でも、実は4種類に分けられておりそれぞれ特徴が異なります。ここでのポイントは、ご自身のお肌にはどんな界面活性剤が合っているのか?を見極めることだ大事なのです。

4つの界面活性剤とは

では、異なる界面活性剤の特徴をそれぞれ見ていきましょう!

【アニオン型】→洗浄/可溶化
・水に溶けると親水基が陰イオンになるもの
・皮膚への刺激は弱い
・石鹸やシャンプー、洗顔料に含まれる
・語尾に「〜石けん」「〜硫酸ナトリウム」がつく

【カチオン型】→柔軟/殺菌/帯電防止
・水に溶けると親水基が陽イオンになるもの
・皮膚への刺激はやや強め
・トリートメントや制汗剤に含まれる
・語尾に「〜クロリド」「〜アンモニウム」とつくもの

【アンホ型】→洗浄/乳化助剤
・水に溶けるとpHにより、陰や陽に変わるもの
・皮膚への刺激は少ない
・柔軟剤やベビー用品などに含まれる
・語尾に「〜ペタイン」とつくもの

【ノニオン型】→乳化
・水に溶けてもイオン化しない
・皮膚への刺激はほとんどない
・化粧品によく使われている
・語尾に「〜グリセリル」「〜水添ヒマシ油」がつくもの


このように、4つの界面活性剤には働きも特徴も全く異なっているんですよね。皮膚の刺激が強いものから弱いものまで様々。

しかし、皮膚の刺激が強いからNGなのか?と問われるとそれは、解釈違いのように感じます。

終わりに

一番大切なのは、ご自身が使い心地がよくフィットするかどうか。成分は選ぶ参考材料の一つになるので、知っていて損はないと思います♡

ぜひ新しいアイテムを選ぶ際には、意識して見てくださいね!

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

背中を伸ばしてスリム体質に!脚まで引き締まる簡単・ストレッチ
年齢が出てしまう首シワのケア3つ!さらにくすみ・クマ・たるみも改善♡
フレンチネイルも危険!?男性が好むネイルって?
ヨガは2.5、エアロビクスは6.5!あなたのその運動、消費カロリーは?
たんぱく質不足はブサイクボディの元凶!?美ボディを叶える食べ方のコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP