体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

築30年のビルを社員総出でDIY! オフィスを自分の居場所に

築30年のビルを社員総出でDIY! オフィスを自分の居場所に

近年、オフィスの内装にお金をかける企業が増えている。特に、イケてるスタートアップのオフィスはかっこいい。快適性、働きやすさの追求に加え、企業の想いや哲学みたいなものが空間に反映されていて面白いのだ。今回は、特にオフィスがイケてると評判の株式会社CRAZYに潜入してきた。

元繊維工場をフルリノベした超快適オフィスに潜入

株式会社CRAZY(以下、クレイジー)は「オリジナルコンセプトウェディング」を掲げ、世界にふたつとない結婚式をプロデュースするウェディング業界のアウトサイダー。完全オーダーメイドのウェディングを演出する企業だけに、それを生み出すオフィス自体も唯一無二の個性的なものだった。

まずは、その唯一無二ぶりをご覧いただこう。

2015年3月に現在のオフィスに移転してきたクレイジー。場所は両国。表参道とか南青山とかではなく意外にも下町である。もともと工場として使われていた築30年、4階建てのビルをフルリノベーションして使っている。【画像1】新オフィスは墨田区。最寄りは両国駅。ブルーボトルコーヒーの日本1号店が上陸するなど注目を集める“東京の東側”を、さらに盛り上げたいという。リノベコンセプトは「境界線があいまいなオフィス」で、1階には誰でも利用できるカフェを入れるなど、地元住民とのコミュニケーションも大事にしている(撮影/片山貴博)

【画像1】新オフィスは墨田区。最寄りは両国駅。ブルーボトルコーヒーの日本1号店が上陸するなど注目を集める“東京の東側”を、さらに盛り上げたいという。リノベコンセプトは「境界線があいまいなオフィス」で、1階には誰でも利用できるカフェを入れるなど、地元住民とのコミュニケーションも大事にしている(撮影/片山貴博)

中は1階がカフェと来客用のサロンスペース。2階以上がスタッフが働く執務エリアだ。執務エリアへ至る階段の壁にはスタッフ一人ひとりのカラー写真が掛けられていて、ひっくり返すとモノクロになっている。出社時はカラーを表に、外出・退社時はモノクロを表にして、出退勤を可視化しているんだとか。かしこい! おしゃれ!【画像2】なにこれすてき。うちの会社も真似しよう(撮影/片山貴博)

【画像2】なにこれすてき。うちの会社も真似しよう(撮影/片山貴博)

2階は執務スペース兼食堂。クレイジーは社員の健康を何より大事に考えていて、毎日メンバー全員で一緒に昼ごはんをきちんと食べるそうだ。専属の調理スタッフがつくる、栄養バランスに配慮した自然食。野菜は信頼できる農家のもののみを使うという。「きちんと」のレベルがスーパーモデル級である。【画像3】奥の壁の向こうがぜんぶ厨房というから驚き。お昼になるとベルを鳴らし、全スタッフが食堂に集結し準備するらしい。食に対する意識の高さに恐れ入る(撮影/片山貴博)
1 2 3 4 5 6次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会