ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛猫に噛まれる原因は「なでる時間が長すぎ飽きた」か「ヘタ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 どんなにペットを可愛がっていても、なぜか噛まれてしまうこともある──。38才の公務員の女性から、こんなお悩みが届いた。

「1才の愛猫(♂)をなでている時、最初はゴロゴロ甘えていても、急に噛まれることがあります。怒らせるようなことは何もしていないのに、なぜ突然噛むのでしょうか?」(長野県・じゅんぺい、38才・公務員)

 そんなお悩みに、国際猫医学会ISFM所属、東京港区に猫専門動物病院「Tokyo Cat Specialists」を開院。主な著書に『ネコぺディア─猫のギモンを解決』(秀明出版会)がある、山本宗伸さんがお答えします。

 * * *
 それまで気持ちよさそうにのどを鳴らしていた猫が、突然カプリ。実はこれ、多くの猫に見られる行動で、獣医学では「愛撫誘発性攻撃行動」と呼ばれています。

◆猫をなでる時は指先でかくように

 原因は、なでる時間が長すぎて飽きられたか、なで方が下手かのどちらかです。最初は甘えに来た猫も、ある程度なでられると満足します。ですから、噛まれる前に、満足した時に出す、“猫のサイン”を見逃さないようにしましょう。そのサインは主に3つあります。

【1】しっぽを振る
 犬がしっぽを振るのはワクワクしている時ですが、猫がしっぽを振るのはイライラのサイン。

【2】押しつける力が弱くなる
 猫はなでられたい時、頭や顎を押しつけてきます。この力が弱くなると満足していることが多く、それ以上なでられると嫌がられます。

【3】耳を伏せる
 猫がイライラしている時の代表的なサインです。このサインが見られたらすぐになでるのをやめましょう。

 猫がなでられて喜ぶのは、毛づくろいの時、舌が届かない部分。つまり顎の下や耳の付け根などです。一方、なでられたくない部分は、しっぽや手足の先端、お腹などです。これらの部分をなでると、すぐに噛まれるので注意しましょう。

 また、犬のように手のひら全体を使ってゴシゴシなでるよりも、指先でかくように、こちょこちょとなでるほうが好まれます。

◆患部は洗浄・消毒し腫れたら病院へ

 万が一噛まれた場合は、患部を洗浄・消毒しましょう。「猫ひっかき病」や「パスツレラ感染症」など、猫から人に感染する病気もありますので、放っておかないこと。

「猫に噛まれた」と、動物病院に相談されるかたも多いのですが、獣医師は人のけがを治療してはいけないので、ご注意を。

 自分から甘えてきたのに、飽きたら噛みつくとはなんてマイペースなんだと誤解されますが、猫なりに噛む理由があり、サインも出してくれています。噛みつかれたからといって怒ると、さらに反撃してくる可能性が高いので、絶対に叱らないでください。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
松島トモ子コンサート 一体感に溢れライオンネタも飛び出す
2011年の干支 「兎」が鎮座する金運・縁結び神社へ行こう!
マダニ 噛まれても痛み感じず自覚なくウイルス感染で薬なし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP