ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平の妻に高梨沙羅、伊調馨、シャラポワなどを推す声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本ハムファイターズは大谷翔平(22)に群がる女性に警戒の目を怠らず厳戒態勢をしき、本人に理想の女性像を尋ねると子役の芦田愛菜だと答えて煙に巻く。このように、大谷の女性関係をめぐる関心が高まっている。どんな人が理想の妻なのか。

 ヤクルト、巨人、阪神の3球団で4番を打った野球評論家の広澤氏克実氏は、一般的にはファンや評論家からは不評なことも多い女子アナ妻も悪くないというが、心から推奨したい嫁候補は「アスリート」だという。

「いくら多才な女子アナといっても、運動能力ではアスリートには遠く及ばない。それでは二世が誕生しても、一流選手に育たない可能性が高い。野球選手の二世に一流選手がいないのもそのためです。

 ダルビッシュが元レスリング世界王者の山本聖子と再婚したように大谷にもアスリートと結ばれてほしい。バレーボールや陸上といった瞬発力や跳躍力が重要なスポーツで、活躍する一流の女性アスリートを選べば、すごい二世が誕生するはずです」

 実際、プロ野球のスカウトマンは「アスリートの体格は母親に大きな影響を受けるため、私たちスカウトは父親よりも母親に注目する」(某パ球団スカウト)という。近年は世界トップレベルの実力と美貌を兼ね備える女性アスリートも珍しくない。アンケートでも「スポーツ選手妻」を望む回答は多数挙がった。

「運動神経も良く、アスリートとしての苦悩も分かち合える浅田真央がいい。日本で最も愛される夫婦になる」(70歳男性)

「伊調馨と結婚すれば霊長類最強の子供が生まれそう」(73歳男性)

「大谷選手は木訥な感じがするから、美人でおとなしい石川佳純がピッタリ」(62歳男性)

 さらに、ワールドワイドな名前まで。

「テニスのマリア・シャラポワなら美形で運動神経抜群の子供が生まれそう。きっと9頭身、いや10頭身ですよ。しかも彼女は英語とロシア語がペラペラだからメジャーに行っても助けてくれる。最高のパートナーとなれる気がする」(60歳男性)

 漫画家のやくみつる氏は大谷と年も近い、旬のアスリートを挙げた。

「いやいや、スキージャンプの高梨沙羅選手ですよ。語学も堪能だし、非常に頭の良い子。大谷選手も賢いから、知的な会話も成り立つでしょう」

 一般人か女子アナかそれともアスリートか。いずれにせよ、結婚してからの“内助の功”が重要になってくるのは間違いない。思い出すのは、マー君ことヤンキース・田中将大の妻・里田まい夫人である。

「結婚当初は、おバカ妻だの散々のいわれようでしたが、アスリートフードマイスターの資格も取得するなど、努力を厭わずマー君の食生活サポートに成果を上げ、いまでは“賢妻”と称されている」(芸能記者)

 誰を選ぶかは当然、大谷次第。しかし勝手に日本全体が心配しちゃうほど、大谷くん、あなたは大事な存在なんです。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
カメラマンが「浅尾美和より断然オシ」という美人アスリート
6mの高さを跳躍する18歳女子大生はいつもジャージで通学中
MLB球団スカウト 大谷翔平に「早く投手に専念してほしい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP