ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛子さま長期欠席の裏で失われた美智子さまの「セッション」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月8日の14時前、学習院女子中等科に1台の車が滑り込んだ。スモークガラスで窺えないが、車内には愛子さまが乗られていた。

「9月26日から“お疲れ”によって長期欠席が続いた愛子さまにとって、実に43日ぶりの登校でした。愛子さまが到着されたのは、ちょうど6時限目が始まるタイミング。公民の授業を受けられ、15時10分頃に学校をあとにされました」(皇室記者)

 あくまで“限定登校”ながら、長期欠席にいったんピリオドが打たれた。その前日の7日、宮内庁の西村泰彦次長は、定例会見で次のように話した。

「天皇陛下の公務を大幅に減らすのは難しい」

 それはつまり、陛下を常に支え、付き従われる美智子さまのご負担もこの先続くことを意味している。最近、両陛下が暮らす皇居で“ある光景”が見られなくなったという。宮内庁関係者が明かす。

「美智子さまは以前から、古くからのお知り合いとセッションをされることが多くありました。美智子さまがピアノ、他のかたはチェロやバイオリンなどを弾かれ、それは優雅なハーモニーを奏でられていた。それが、ここ最近はそういった場が設けられなくなったどころか、美智子さまがピアノの前に座られるお時間もぐっと減ってしまったのです」

 幼い頃から音楽に親しまれてきた美智子さまは、楽譜を見て初見で弾けるほどのピアノの腕前の持ち主。皇居ではもちろんのこと、ご静養先でも時間があれば鍵盤に触れられ、毎年8月には群馬県草津町で開催される音楽祭で海外の音楽家と共演されている。

「今夏も美智子さまはシューベルトの『セレナード』など5曲を1時間半にわたって演奏され、最後には“ビューティフル!”と称賛されたほど。そんな美智子さまが“音色を失われた”理由は、以前から抱えられている首と肩の痛みが増してしまわれたからだといいます」(前出・宮内庁関係者)

 両陛下は10月23~26日の3泊4日で京都に足を運ばれた。

「京都滞在中に強い痛みに襲われ、美智子さまは帰京されてから侍医の治療を受けられました。それ以前から、美智子さまはお手振りが減り、いつもなら1人でも多くのかたに顔をお見せになろうと左右を向かれるのに、それも少ない。お席に着かれたり立たれる際にも、机に手をつかれてお体を支えられていました」(前出・皇室記者)

 82才というご高齢と、立て続けに行われる公務がご負担だったことはいうまでもない。

「同時に、精神的な苦悩もおありだったと思うのです。それは、ほかでもなく雅子さまと愛子さまへのご心配でしょう」(皇室ジャーナリスト)

 久しぶりに登校されたものの、愛子さまの状態は相変わらず不透明なうえ、看病と公務が重なった影響で雅子さまにもお疲れの色が見えている。

「愛子さまの長期欠席が表面化する以前、雅子さまのご体調の良好ぶりが伝えられ、議論が進む『生前退位』が実現しても、“次代の皇后”の務めをしっかりと担っていただけると期待が膨らんでいた。美智子さまも、安堵される面もあったと思うのです。ところが、雅子さまと愛子さまが同時に不調を訴えられた。それが美智子さまのお心に、小さなとげとなって刺さっているのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

 美智子さまの懊悩は、あまりにも深い。

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
美智子さまと黒柳徹子 話題は健康など日常のおしゃべり
美智子さま 雅子さまへ「気兼ねなく皇居を訪れて」と伝える
愛子さま 佳子さまのような格好したいと主張も雅子さまが反対

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。