ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリスチャン・マクブライドが名言「ステージは…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)。11月10日(木)のオンエアでは、ゲストにベーシストの須長和広さんが登場しました!

このオンエアの翌日である、11月11日は“1・1・1・1”と、縦に弦が4本並んでいるように見える…ということから、J-WAVEの音楽番組「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」のナビゲーターである亀田誠治が“ベースの日”を提案。現在は正式な日本の「記念日」として登録されています。

そこで「ACOUSTIC COUNTY」でも「ベース」に注目し、ベースがかっこいい曲はもちろん、世界中からさまざまなベーシストのコメントをお届けすると共に、須長さんにベースの魅力を語っていただきました。ここでは、須長さんが憧れていたという世界的に有名なスーパー・ベーシスト、クリスチャン・マクブライドさんへのインタビューの様子をお届けします。

インタビュー当日、「緊張して昨晩は寝れなかったんです」と話す須長さん。坂倉が通訳すると「ワインを飲みなさい」とクリスチャン・マクブライドさん。そんなジョークによって、和やかな雰囲気の中でインタビューがスタートしました。

須長:本当にべースがうまいですよね。どれくらい練習したんですか?
マクブライド:練習のとき、僕は時計を見たことがないんだ。学校の宿題もせず、疲れるまで練習していたから、学校の成績はすごく悪かったんだよ。
須長:なぜ、ベースを選んだんですか?
マクブライド:父がベーシストだったんだよ。9歳の頃、一番最初にエレクトリック・ベースを触ったときに、これが僕のやりたいことだと気付いてしまったんだ。
須長:日々、いろいろなことがありますが、ベースの演奏に影響を出さないために、どんなことを心がけていますか?
マクブライド:まず、悩んでいることには左右されないようにしているね。ステージという時間は神様からのギフトなんだ。だから、どんなに疲れてても、気分が落ちていても、お客さんがお金を払ってくれて、自分が演奏できるってことは何よりのギフトだから、そこには左右されないね!
須長:なるほど…わかりました。ありがとうございます!

…と、名言も飛び出し、インタビューを終えた須長さんは、感無量な様子でした。

さて、11月11日(金)には「JK RADIO〜TOKYO UNITED〜」「GOLD RUSH」「SOUND GARAGE UNIVERSE」など、1日を通してベースの日当日をお祝いします。海外のベーシストたちから届いた「HAPPY BASS DAY」メッセージもJ-WAVEのオンエアを盛り上げます。どんな重低音のきいたプレイが響き渡るのか…楽しみですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP