ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネイザン・イーストは「ベースの日」をどう思ってる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「ZAPPA」(水曜・木曜ナビゲーター:nico)。11月10日(木)のオンエアでは、世界最高峰のベーシスト、ネイザン・イーストのコメントをお届けしました!

11月11日は“1・1・1・1”と、縦に真っ直ぐ1が4本並んでいる様子がベースの弦のよう…ということで“ベースの日”となっています。

これはJ-WAVEの音楽番組「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」のナビゲーターである亀田誠治が番組内で提案したことから始まり、正式な日本の「記念日」として登録されています。このことを世界のベーシストはどう思っているのでしょうか…?

そこで、世界No.1とも称されるネイザン・イーストに、nicoがインタビューを行いました! ネイザン・イーストといえばジャズの世界では知らない人はいないベーシストであり、自らのバンドでも活動していますが、エリック・クラプトンやフィル・コリンズ、ダフト・パンクなど、さまざまなアーティストのレギュラーメンバーとしても幅広く活躍しているベーシストです。

そんなネイザン・イーストに、日本の“ベースの日”についてどう思うかnicoが尋ねたところ、「『ベースの日』はすごくいい試みだし、エキサイトするし、その発想に感謝したい。ベーシストとして幸せなことだと思う」とのこと。さらに「普段楽しくコンサートをして演奏をし続けているけど、『ベースの日』にみんなが集まって、音楽で平和・幸せ・喜びを感じることが一番大切なことだと思う」と答えてくれました。

ベースの日に開催されるイベントの一つ、「J-WAVE THE BASS DAY LIVE 2016」には亀田誠治、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、ミト(クラムボン)、KenKen(RIZE、Dragon Ash、LIFE IS GROOVE)というベーシストが出演。

「それぞれセッション相手を迎え、一期一会のパフォーマンスを繰り広げる、他では絶対に聴けない、ありえないライブイベントになりそうですね。ベースといえば、ドラムもそうですけど“リズム隊”として影の立役者だったりしますが、自分たちが主役の日ですからね…これはどんなステージになるのか楽しみです!」とnicoも楽しみな様子。最後に「明日の“THE BASE DAY”、一緒にお祝いしましょう!」とリスナーへ呼びかけていました。

そしてnicoのネイザン・イーストへのインタビューの様子は、雑誌「ベース・マガジン」の紙面にも掲載されているそうなので、そちらもぜひチェックしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZAPPA」
放送日時:毎日 5時ー6時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/zappa/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP