ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好物は「野菜がひとつも入ってない」メニュー。超偏食・野菜嫌い王vs母の食事バトル by ちゅいたんママ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

やんちゃ3兄弟との育児生活をつづっているブログ「Kosodatefulな毎日」。

書籍発売を記念して、著者のちゅいたんママさんとこちらに出張掲載させていただきました^^(KADOKAWA編集部) 前回記事:「ママが死ぬほど好きすぎる…」「ママって世界一かわいい」息子から母に捧げる愛の告白集 by ちゅいたんママ

「我が家の、次男で台風の目、ゆいたん!実は周囲からはいちばんファンが多い子だったりするんです。今回はそんなゆいたんの“好き嫌い”エピソードについてです~(T T)」

赤ちゃんの頃のゆいたん(次男)は全く離乳食を食べなくて、ほとほと困った。

断乳して、食べるようになった1歳代でも、とにかく食に臆病な子で、食べられるものを数えても両手にも満たないような子だった。

そんな子が四歳になったらどうなるのかというと・・・・

いまではなんでもよく食べる子になりました!!!

なーんてのは夢のまた夢。

立派な超偏食&大の野菜嫌い王に成長しました。(ゲロ。)

はぁ~~~。もうね。根競べの毎日(;´Д`)

なんとかして野菜を忍ばせようとする母

VS

一本たりとも野菜の混入を許さないクソガキ ゆいたん。

焼きそばに野菜を千切りして入れてみても、キレ~~イにより分けるもんね。

少しだけでいいから食べてみよう!って説得してみるけど、

にんじん一切れ食べただけで、

死ぬ勢い。

なんやねん、こいつ。

ごくたまに、気まぐれで自分から頑張って野菜を食べてみようっていう気になる日があるんだけど、ほんの少し食べただけで、

圧力がすごい。(ドヤ顔)

野菜はすべて嫌い。

果物も嫌い。

海藻も木の実も嫌い。

食べられるものといえば、

肉、魚、卵 以上。

(タンパク質の玉手箱やぁ~~~!)

そんなゆいたんに「晩ご飯何にしよう?」って聞こうもんなら、

上から目線がイラッとくる~~(^^)!

野菜がひとつも入ってないメニューが好物。

すなわち、

ざるそば

ざるうどん

カルボナーラ

ラーメン

麺類しかないやん(--;)

ちゅんたん(長男)もほーちゃん(三男)もよく食べるし、好き嫌いもさほどないから、どうしようもないほどダメなゆいたんの食事風景を見ていると、

思わず笑っちゃうんだよね(^^;)

お寿司なんてその最たるもので、ゆいたんのお寿司の食べ方といえば……

エビのみ。

生エビじゃない普通のエビのことを「焼いたエビ」と呼んでいるところがなんとも残念な子なのだけれど、

その「焼いたエビ!」をひたすらおかわりする。

しかも、

寿司の定義を根底から覆して。

すし職人が見たら泣くぞ。

これだけ好き嫌いが激しくても、確実に大きくなってはいるし、病気もめったにしないから、人体というのは不思議である。

ゆいたんが果たして好き嫌いなく、まんべんなく食べれる時は来るのだろうか。

来る気がしない(笑)トホホ 関連記事:言いたくてたまらない心の声を封印!野菜嫌いな息子との偏食克服大作戦 by園田花ヨウ

『息子って、異世界人!?な爆笑育児生活』(KADOKAWA)/ちゅいたんママ(著)

8歳・4歳・2歳のやんちゃ3兄弟っ そりゃ大変だけど子育てっていいね!「子どもたちにとって世界でたった一人の、お母さんになりたい! てんやわんやで、気付けばあっという間に1日が終わるそんな一生懸命なお母さんに!」と、思って生まれてきたのは超・やんちゃ個性派の3兄弟!毎日びっくりな事件が発生する、ちゅいたんママの笑いにあふれたkosodateful(こそだてふる・子育てでいっぱい!)な毎日。100%書き下ろしの1冊をお楽しみください

書籍のご購入はこちら

ちゅいたんママ

アメーバブログにて子育てブログ「kosodatefulな毎日 ~我が家の3太。」を開始後、無理しない、あっけらかんとした明るさでじわじわと人気に! 2016年現在、男の子ママが「わかるわかる!」と激しく共感出来るエピソードや、小2・4歳・2歳のやんちゃ3兄弟が巻き起こす珍事件を爆笑絵日記として連載する。

関連記事リンク(外部サイト)

0歳期、私たちはただ祈った「寝ててくれ」と…。涙の子連れ外食クロニカル(年代記) by うだひろえ
ママ・パパ以外はギャン泣き!人見知りっ子を、誰にでも話しかける積極派にした方法  by チカ母
いつになったら楽になる?育児の「100日戦争」を戦い抜いたわたしを待っていたもの by はなこ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP