ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Ambi-Turner : アンビエント表示をポケットからの取り出しでも機能するように動作をカスタマイズできるアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.0 以上を搭載した一部の機種で利用できる「アンビエント表示」の利用の幅を広げる新アプリ「Ambi-Turner」がリリースされました。Android の標準機能である「アンビエント表示」は、端末がスリープ中に通知を受信すると、暗い背景の画面に時刻と通知を表示する特殊な表示機能のことで、基本的にはデフォルト有効です。アンビエント表示が発動するのは、スリープ中に通知を受信した場合とデスクなどに置いた端末を持ち上げた場合で、Ambi-Turner ではさらに、ポケットから取り出した時にも表示するように動作をカスタマイズできます。アンビエント表示をサポートした端末であっても Pixel や Pixel XL などの一部の機種は持ち上げでの表示をサポートしていません。その場合、Ambi-Turner を利用すると、持ち上げでの表示を有効にすることができます(後述するように、持ち上げでの表示は有料ライセンス必須です)アプリの無料版はポケットからの取り出し機能のみをサポートしていますが、100 円の有料ライセンスを購入すると、持ち上げ・チルト動作での表示やバッテリー残量の表示といった標準ではサポートしていない機能を利用できるようになります。「Ambi-Turner」(Google Play)

■関連記事
パナソニック、インドで低価格スマートフォンをSANYOブランドで展開
4Kストリーミング対応のAndroid TV「Xiaomi Mi Box」が台湾で発売開始。日本語にも対応していた
I-O DATA、Wi-Fi電波の強度や混雑状況を確認できるAndroidアプリ「Wi-Fiミレル」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP