ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目指すは世界!? ヒップホップ界を揺るがすJKラッパー・ちゃんみなさんを直撃!

  • ガジェット通信を≫

フリースタイルで日本一の高校生ラッパーを決める『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』の出場をきっかけに、その実力を大きく知らしめた”ちゃんみな”さん。最近はテレビ番組『櫻井・有吉 THE夜会』に出演するなどマルチに活躍する彼女も、現役の高校生です。今回は、そんな彼女の「ラッパーとしてのルーツ」や「過去のアルバイト経験」などについて幅広く聞いてみました。

 

日本人ラッパーと目指しているものもルーツも違う

――ちゃんみなさんが初めてラップに興味を持ったのはいつですか?

ちゃんみな:10歳の頃に聴いたBIGBANG さんの「Haru Haru」という曲のPVがきっかけです。実は当時、言葉の壁があって小学校でいじめを受けていたんです。韓国で生まれて、小さい頃から韓国と日本、アメリカを行き来していたのもあって、日本語がうまく話せなかったんです。それに対するストレスを解消するためによく「泣ける動画」を探していました。そんなときに偶然、YouTubeで「Haru Haru」のPVを観て「なんて格好いい音楽なんだ」と思い、自分でもラップを始めてみました。

――当時から歌うことは得意だったんですか?

ちゃんみな:“プロの歌手になること”がずっと私の夢でした。これはママから聞いた話ですが、私が3歳の頃、テレビの中で歌うピンクの衣装を着た女性アーティストを指差して、「私もああなりたい。ママ、歌手になっていい?」と言ったそうです。

それからママは、私にピアノとバイオリン、バレエを習わせてくれました。楽器は作曲の力や音感の良さを、バレエはリズム感や姿勢の良さを養ってくれました。一時期は、直接歌を習わせてくれないことに反発もしていました。でも、ママがそういう習い事をさせてくれたおかげで、今の私があると思います。ママはミソンって名前なんですけど、ミソンはすごいです(笑)。

――ここ半年間で他のどのラッパーよりも、知名度を上げた理由はなんだと思いますか?

ちゃんみな:うーん……、自分でこんなことを言うのも失礼かもしれないけど、「今までの日本人のラッパーと違う」ところだと思う。私は今もラッパーではなく、世界で通用するアーティストを目指しているつもりだし、自分の故郷でもある韓国を意識して音楽活動をしてきました。目標やルーツも違うから、そこが自分の魅力に繋がっているんだと思います。『高校生RAP選手権』の審査員の方々から「オリジナル性がある」と評価されたのも、そこじゃないかな。

 

 

16歳なのにまさかの店長に抜擢!?

――学生からラッパーが本業になりつつあるかもしれませんが、仕事をしていて「うれしかった瞬間」はどんなときですか?

ちゃんみな:家族がよろこんでくれたときですね。最近は岩手にいる祖父母や親戚がみんな集まって、私の出演したテレビ番組の鑑賞会を開いてくれたみたいです(笑)。

あと、パパもわざわざ私の曲を買うためにスマホに機種変しました。機械オンチのくせに。職場でも「これがうちの娘だよー」なんて、まわりの人に自慢しているみたいです。ちょっと恥ずかしいけど、パパの意外な一面を見れたので、うれしかったかな。

――普段はどんなことにお金を使いますか?

ちゃんみな:女性としてキレイであり続けたいので、髪やネイル、メイクアップを中心にお金を使っています。最近は映画や小説にも使ってるかな。あと、今年はバイト代を貯めてMacbookを買いました。もしまとまったお金があったら、音楽の機材が欲しいなぁと思っています。

――ラッパーとして活躍する前は、アルバイトをしていたんですよね?

ちゃんみな:高校1年の時から喫茶店と居酒屋のバイトをしていました。居酒屋のほうは一応今でも続けてます。なかなかシフトには入れないんですけど。喫茶店では、なぜかオーナーに気に入られて店長の仕事まで任されていましたね。

――えええっ!

ちゃんみな:当時16歳なのに、売上管理とかをやっていましたよ(笑)。私はなにかやろうとすると、どうしても極めたくなる性格なんです。一生懸命働いた後、上司やバイトの先輩から「ちゃんみなはできるヤツだな!」って言われると、いつもうれしくなりますね。

 

自分が楽しめる仕事を見つけるのが大事

――アルバイトが自身の音楽活動に活きたこともありますか?

ちゃんみな:人生全般に活きてくると思います。少なくともバイトを経験しなければ、学べなかったことや得られなかった人間関係があります。学校では関われないような大人たちとも出会えますし、まちがいなく世界は広がりますね。

――バイト選びで迷っている同世代には、どんなアドバイスをしますか?

ちゃんみな:まず自分が興味のある仕事を探してみるといいと思います。そこでやってみて楽しかったら続ければいいし、楽しくないならやめて、また新しい仕事を見つければいいと思う。

――具体的な夢や目標などが見つからず、「やりたいことがないひと」はどうしたらいいと思いますか?

ちゃんみな:なんでもいいから「自分はなにが好きなのか」を真剣に考えてみればいいんじゃないかな。以前、同じような悩みを持つ大学生から相談されたことがあります。そこで彼に「なにが好きなの?」と聞いてみたら、「スマホゲームが好き」って。「じゃあ、それを他の誰にも負けないくらいがんばってみたら」と言ったら、彼はそれを実践して、最終的にはゲーム会社に就職したんですよ。私も好きなことを追いかけて、アーティストとしてデビューできました。夢や目標を見つけられていない人は、どんな小さなことでもいいから、自分の好きなものを突き詰めていくといいと思います。

――最後に、ちゃんみなさんの今の「夢」は?

ちゃんみな:日本でも韓国でも活動できるような、グローバルなアーティストになりたいです。あと、一生かかってもいいから、いつか自分のオーケストラを作りたいです。いつも音楽を感じていたいんです。それと、人生を変えてくれたBIGBANGさんに私の曲を聴いてもらうこと。いい曲を作って、いつか憧れの人たちにも届いたらうれしいな。

  <プロフィール>

日本語、韓国語、英語を話すトリリンガルJKラッパー/シンガー“ちゃんみな”(18歳)。

父親が日本人、母親が韓国人の韓国生まれ。3歳から東京で育ち、ピアノやバレエを習い、小学生でHIP HOP、JAZZ、GIRLSなどのダンスをはじめ、振り付けなども担当するほどの才能を発揮。中学生のときに歌を、高校生になってから作曲とラップをはじめる。

彼女が一躍脚光を浴びたのは、“BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権”の第9回大会への出場。ベスト8で敗退するものの、類いまれなるラップスキルと、観客を魅了するキャラクターで注目を集める。

2016年4月に配信リリースした「未成年 feat. めっし」は、iTunes HIP HOPチャート1位を獲得。11月4日にリリースした配信シングル、TeddyLoid『ダイキライ feat. ちゃんみな』で客演を果たす。

TeddyLoid『ダイキライ feat. ちゃんみな』

★YouTube「ちゃんみな official」

https://www.youtube.com/channel/UCRdeBjOVfEnrBg3_uspLmPg

★Twitter

https://twitter.com/chanmina1014

取材・構成・文/紐野義貴 撮影/Makoto Tsuruta

関連記事リンク(外部サイト)

【神出鬼没!バイトセルフケアマン】第4回「奥の手だ! ヒーローは重いものでも疲れない」
人気ツイッタラーに聞いた「Twitterのフォロワーを増やすためのコツと具体的な方法」
【神出鬼没!バイトセルフケアマン】第3回「大逆転! 古着屋バイトの身長を本当に伸ばせる?」

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP