体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目指すは世界!? ヒップホップ界を揺るがすJKラッパー・ちゃんみなさんを直撃!

JKラッパー・ちゃんみなさんインタビュー_アイキャッチ JKラッパー・ちゃんみなさんインタビュー_01

フリースタイルで日本一の高校生ラッパーを決める『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』の出場をきっかけに、その実力を大きく知らしめた”ちゃんみな”さん。最近はテレビ番組『櫻井・有吉 THE夜会』に出演するなどマルチに活躍する彼女も、現役の高校生です。今回は、そんな彼女の「ラッパーとしてのルーツ」や「過去のアルバイト経験」などについて幅広く聞いてみました。

 

日本人ラッパーと目指しているものもルーツも違う

JKラッパー・ちゃんみなさんインタビュー_02

――ちゃんみなさんが初めてラップに興味を持ったのはいつですか?

ちゃんみな:10歳の頃に聴いたBIGBANG さんの「Haru Haru」という曲のPVがきっかけです。実は当時、言葉の壁があって小学校でいじめを受けていたんです。韓国で生まれて、小さい頃から韓国と日本、アメリカを行き来していたのもあって、日本語がうまく話せなかったんです。それに対するストレスを解消するためによく「泣ける動画」を探していました。そんなときに偶然、YouTubeで「Haru Haru」のPVを観て「なんて格好いい音楽なんだ」と思い、自分でもラップを始めてみました。

――当時から歌うことは得意だったんですか?

ちゃんみな:“プロの歌手になること”がずっと私の夢でした。これはママから聞いた話ですが、私が3歳の頃、テレビの中で歌うピンクの衣装を着た女性アーティストを指差して、「私もああなりたい。ママ、歌手になっていい?」と言ったそうです。

それからママは、私にピアノとバイオリン、バレエを習わせてくれました。楽器は作曲の力や音感の良さを、バレエはリズム感や姿勢の良さを養ってくれました。一時期は、直接歌を習わせてくれないことに反発もしていました。でも、ママがそういう習い事をさせてくれたおかげで、今の私があると思います。ママはミソンって名前なんですけど、ミソンはすごいです(笑)。

――ここ半年間で他のどのラッパーよりも、知名度を上げた理由はなんだと思いますか?

ちゃんみな:うーん……、自分でこんなことを言うのも失礼かもしれないけど、「今までの日本人のラッパーと違う」ところだと思う。私は今もラッパーではなく、世界で通用するアーティストを目指しているつもりだし、自分の故郷でもある韓国を意識して音楽活動をしてきました。目標やルーツも違うから、そこが自分の魅力に繋がっているんだと思います。『高校生RAP選手権』の審査員の方々から「オリジナル性がある」と評価されたのも、そこじゃないかな。

 

 

16歳なのにまさかの店長に抜擢!?

JKラッパー・ちゃんみなさんインタビュー_03

――学生からラッパーが本業になりつつあるかもしれませんが、仕事をしていて「うれしかった瞬間」はどんなときですか?

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。