ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妊娠中は糖尿病になりやすい?妊婦さんが気をつけたい食事のポイント

  • ガジェット通信を≫


妊娠糖尿病は一般的に知られている糖尿病とは違い、妊娠中に起こる糖尿病です。現在、妊娠糖尿病として診断される人は増加傾向にあります。

治療の基本は食事療法と運動療法です。妊娠中は服用できる薬が限られているのでまずは、食事で血糖値をコントロールできるようにしたいものです。

そこで今回は妊娠糖尿病と食事療法について紹介していきたいと思います。

要チェック項目

□今まで糖尿病ではなかった人が妊娠中にはじめて起こるのが妊娠糖尿病です

□妊娠糖尿病は食事療法や運動療法でで改善するといわれています

□妊娠中は母体だけでなく胎児へのリスクを最小限にするためにもバランスのとれた食事を心がけましょう

妊娠中に起こる糖尿病

妊娠する前に糖尿病がなかった人が妊娠中に発症した糖尿病を妊娠糖尿病といいます。自覚症状はそれほどないため、検査でわかることが多いです。

検査方法

妊娠の初期段階で血糖値を測定します。一定の基準を超えると妊娠糖尿病と診断されます。

原因

妊娠中は糖代謝の異常が起こりやすいということが原因です。赤ちゃんは母親からしか栄養を取ることが出来ないため、妊娠中は母親から赤ちゃんへ栄養をどんどん送ろうとする動きをします。

妊娠中は胎盤から出るホルモンによって母体の筋肉・細胞のブドウ糖の取り込みが悪くなります。その分、胎児にブドウ糖が供給される仕組みですが、母体のブドウ糖の取り込みが必要以上に悪いと、妊娠糖尿病となるのです。

妊娠高血圧症

妊娠糖尿病になると、妊娠高血圧症のリスクが高まるといわれています。母親の血流が悪くなると、血液をとおして赤ちゃんに栄養や酸素が行きわたりにくくなり、ひどいときは生死をさまよいます。

食事療法で血糖値をコントロール

母親の妊娠糖尿病は、母親自身だけでなく赤ちゃんへも悪影響を与えます。

お腹の赤ちゃんを健康に育てるためには妊娠初期からの食事管理が大切になってきます。妊娠糖尿病は食事療法で改善されるといわれているので、治療は母親のやる気次第です。

食事によって血糖値をコントロールするためには糖質を過剰に取りすぎないよう、バランスの良い食事をするように心がけることが必要です。

妊娠中はストレスがたまりやすいといわれていますが、イライラしてお菓子を食べ過ぎちゃった…ということがないように注意してくださいね。

どうしても食事で改善されない場合は薬物治療や運動療法も組み合わされる場合もあります。

お腹いっぱい食べてしまうと良くない?

妊娠中は赤ちゃんのためにもバランスのとれた栄養を摂取する必要があります。

いくらバランスのとれた食事を心がけても食べ過ぎてしまったら意味がありません。1日に必要なカロリーをきちんと知っておき、それを守るということが必要です。

身体活動レベルが普通(Ⅱ)の方で、妊娠初期は2000kcal~2200kcal、妊娠中期はこれに+250kcal、妊娠後期は+450kcalが基本です。

食べ過ぎてしまい、血糖コントロールが悪くなってしまうと赤ちゃんの体重はどんどん増えてしまいます。

赤ちゃんが大きくなりすぎると帝王切開が必要になったり、出産後呼吸困難になったり、母親にも赤ちゃんにも悪影響となります。

妊娠中は何を食べたら良い?

炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンなどまんべんなく取ることが大切ですが、炭水化物は血糖値を上昇させてしまうので過度に取りすぎないようにしましょう。

炭水化物というと、ごはんやパン、麺類だけだと思われがちですが、お菓子やアイスクリームなどの甘いものや糖度の高い果物にも炭水化物はたっぷり含まれています。

妊娠中のおやつはなるべく我慢するようにしましょう。オススメの食べ物を以下に示しました。参考にしてください。

オススメの食べ物

・豆や卵、などの植物性の良質なタンパク質

・食物繊維 

・鉄分 ほうれんそうや、小松菜など

お腹がすいているときにドカ食いは良くない

お腹が極端にすいているとき、母親が摂取した栄養素は赤ちゃんに行きやすくなります。そうすると母親の身体では何が起きるでしょうか?

糖を赤ちゃんへ優先的に送り込むために、急激な血糖値の上昇を引き起こします。

なので食事をする間隔をあけすぎないことが大切です。また、人間の身体は極端にお腹が減ると、空腹感を満たそうとしてどうしても食べ過ぎてしまう傾向にあります。

1日3回の食事をさらに何回かに細かく分けてとるようにしても良いです。

妊娠糖尿病を予防するために心がけること

妊娠中、糖尿病にならないために、普段からバランスのとれた食生活を心がけることが大切です。しかし妊娠糖尿病になったからといって落ち込む必要は全くありません。

妊娠糖尿病は食事療法や運動療法で改善されると言われています。これを機に普段の自分の食生活や運動習慣をを見直し、改善していくきっかけにもなります。

産まれてくる赤ちゃんのためにもバランスの良い食事を心がけて食べ過ぎないようにするという努力はしていきたいですね。

また、妊娠糖尿病を経験した人は出産後2型糖尿病を発症するリスクが高まるといわれているのでこのことも頭の片隅に入れておいてください。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

【11月14日は世界糖尿病デー】糖尿病ってどんな病気?
妊婦さんが注意したい「妊娠糖尿病」について
知っておきたい!肥満な妊婦のリスクとは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP