ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストリーミング音楽サービス『Spotify』が国内向けサービスを一般に公開 『Twitter』などの対応サービスや対応オーディオ機器を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


9月29日に招待制で一部ユーザーにサービスを開始していたストリーミング音楽サービス『Spotify』は11月10日、一般向けに公開を開始したことを発表しました。これに合わせて、対応サービスや対応オーディオ機器を発表しています。

『Spotify』は、2008年にサービスを開始し、全世界で1億人以上の利用者がいる音楽配信サービス。広告付きの無料プランと月額980円の有料プランを用意しています。4000万曲以上の楽曲を配信し、日本でも国内外のアーティストによる4000万曲の楽曲にそのままアクセスが可能。iOSとAndroid向けアプリとパソコン、PlayStation 3、PlayStation 4から利用できます。


発表会では対応サービスのひとつとして、ユーザーの周囲で流れている楽曲を認識する音楽認識サービス『Shazam』を発表。『Shazam』ユーザーはアプリを利用したままで認識した楽曲を『Spotify』で再生したり、プレイリストに追加できるようになりました。


楽曲やアルバム、プレイリストをSNSでシェアする機能はもともとありましたが、『Twitter』ではシェアした楽曲をカード形式で表示、30秒間だけ試聴できる『Twitterオーディオカード』に対応。アイコンをタップして『Spotify』アプリを立ち上げると、フルで楽曲を聴くことができます。



有料プランで対応する『Spotify Connect』の対応機器が発表されました。本日から利用可能になり、対応機器は100種類以上に上るとのこと。

オーディオ機器メーカーでは、オンキヨー、ソニー、テクニクス、デノン、パイオニア、パナソニック、BOSE、マランツ、ヤマハが対応します。

たとえばBOSE社製のワイヤレススピーカー『SoundTouch wireless music systems』では、『Spotify』アプリをインストールしたモバイル機器をリモコンのように利用してスピーカーから再生したり、スピーカーの専用アプリから『Spotify』の楽曲、アルバム、プレイリストを検索して再生が可能。本体のプリセットボタンにプレイリストなどを登録すると、モバイル機器がなくてもボタンを押して『Spotify』上のプレイリストを再生可能になります。

Bose & Spotify – Better Together(YouTube)
https://youtu.be/GIqhFvFZO0o

オーディオ機器のほかにも、BMW、MINI、ボルボといったメーカーの自動車、Googleの『Chromecast』、『Chromecast Audio』、ソニー製のAndroid搭載テレビが対応。

ゲーム機との連携は、サービス発表時にも目玉としていた機能のひとつ。PlayStation 3、PlayStation 4の『PlayStation Music』上で『Spotify』のサービスが利用でき、ゲームしながら聞くBGMとしての利用を提案しています。

PlayStation Music meets EGOIST(YouTube)
https://youtu.be/BrP5EnNIyRk

Spotify
https://www.spotify.com/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP